安斉かれん、『silent』出演の子役・志水透哉にデレデレ「私が末っ子みたいです…」

安斉かれん、『silent』出演の子役・志水透哉にデレデレ「私が末っ子みたいです…」

 歌手で俳優の安斉かれん(23)、松本怜生(22)、子役の志水透哉(11)が18日、都内で行われた短編映画『イマジナリーフレンド』(23日配信)の舞台あいさつに登壇。安斉と松本は、志水に終始、デレデレだった。



【写真】『silent』出演中の子役・志水透哉



 同作は、安斉が自身の役で出演。目に見えない猫を探す旅を通じて「目に見えない自分の可能性を信じ一歩踏み出そう」というメッセージを届ける。



 他人には見えない猫が見える謎の少年を演じた志水は「正直、すごく難しかったです」といい「監督や、かれんちゃんや怜生くんのお助けがあったので、楽しかったです」と撮影を回顧。松本は「助けなくても、できていたよ!」と優しい笑顔を向けた。



 続けて、志水は同作について「かれんちゃんに、詰め寄るシーンが1番の見どころ」といいせりふを披露。安斉は「迫力がすごかったですもん!あのシーンね!」、松本も「こんなに若いのに、スイッチがパンって入るのがすごい」と絶賛し、坂部敬史監督も深くうなずいていた。



 ほほ笑ましい3人のやり取りを見て、MCから「兄弟みたいな3人ですね」と声をかけられると安斉は「すごくしっかりしているので、私が末っ子みたいです…」と恥ずかしそうに語った。



 志水は、放送中のフジテレビ系連続ドラマ『silent』で、主人公・青羽紬(川口春奈)の弟である光(板垣李光人)の幼少期役を演じている。
カテゴリ