小籔千豊、「551の豚まん」めぐり監督に直談判「大阪に帰れなくなる」 “アカン”から“イケる”へ

小籔千豊、「551の豚まん」めぐり監督に直談判「大阪に帰れなくなる」 “アカン”から“イケる”へ

 俳優の妻夫木聡、吉本新喜劇の小籔千豊らが18日、都内で行われた映画『ある男』の公開初日舞台あいさつに参加した。



【集合ショット】妻夫木聡、窪田正孝ら豪華キャストが集合!



 撮影後から足かけ2年で公開初日を迎え、心境を問われると妻夫木は「感慨深いです。初日ほどうれしいものはない。我が子が巣立っていくような感じなんです。うれしくもあり、少し寂しい気分もあるというか…」と明かす。それでも「映画はお客さんに見てもらって初めて完成するもの。きょうはうれしいです」と“我が子”の晴れ舞台を喜んだ。小籔は「見ての通りえげつない俳優の方と出させていただいて、大変、恐縮しております。最初にもらった時にパッと見たら出ている人らのエグさ、読み進めるとストーリーの面白さに『関わってエエんかな?』と震えが止まらなくなったのを覚えてます」と笑わせた。



 撮影中のエピソードを問われた小籔は「こういうステキな映画に参加させていただく時は自分を出さない。パズルのピースとして、1つだけ埋めさせていただく。監督の言うこと、皆さんの言うことを聞くだけ」と心構えを明かした。しかし、本作では、その自らに立てた近いを破ったという。



 「演技仕事で初めて監督に物申した」と物騒な前置きをすると「551の豚まんを食べて『チルドもイケるな』って言ってるシーンがあるんですけど、台本では『チルドはアカンな』って書いてあった。大阪の人間の設定で551を食べるのはおいしいけど、ネット注文ではあんまり、みたいな」と裏話を暴露。「こんなんされたら大阪に帰れない。大阪の人間として551を否定することはできない」と降板も辞さない覚悟で石川慶監督にせりふの変更を直談判したそう。「けんかする勢いの決死の覚悟で握りこぶしを握って行ったんですけど『いいっすよ』と軽かった(笑)。柔和な監督さんで助かりましたね。大阪にもいい顔ができるようになった」と撮影秘話を明かして笑わせた。



 この日は、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、坂元愛登、石川慶監督も参加した。



 本作は、「第70回読売文学賞」を受賞した平野啓一郎氏の同名小説を、『蜜蜂と遠雷』の石川慶監督が映画化。弁護士の城戸(妻夫木)は、かつての依頼者である里枝(安藤)から、亡くなった夫・大祐(窪田)の身元調査という奇妙な相談を受ける。愛したはずの夫は、名前も過去もわからないまったくの別人だったというだ。「ある男」の正体について調査を進める城戸は、さまざまな人物からの話を聞き、真相に迫っていくヒューマンミステリー。
カテゴリ