めくった後も使い道があるなんて斬新!2023年は、付せんタイプの日めくりカレンダー「himekuri」に決〜めた


2022年も終盤に差し掛かり、2023年に向けたグッズを準備する季節。



今回は、付せんタイプの日めくりカレンダー「himekuri」をご紹介します。



1日の終わりにめくる日めくりを、付せんとして再利用できる新感覚なアイテムを試してみませんか?



ペラッとめくりピタッと貼る、日めくり付せんカレンダー「himekuri」



日めくり付せんカレンダー「himekuri」の『colorful』デザイン



「himekuri」(税込2200円)は、卓上サイズの台紙に、1週間分の日付が並ぶ日めくりカレンダーです。



日めくり付せんカレンダー「himekuri」の、日めくりをめくる様子



注目ポイントは、日めくりの1枚ずつに付せん加工が施されているため、めくった後に別の場所に貼り付けることができるところ。



剥がした日めくりは、ノートやパレットジャーナルなどの日付シートにしたり、本のしおりにしたりと、さまざまな使い方ができますよ。



日めくり付せんカレンダー「himekuri」の『white gray』デザイン



多くの日めくりカレンダーは、その日の日付のみが見える仕様になっていますが、今アイテムでは台紙上に7日分の日付が並んでいるので、数日先の曜日や予定もイメージしやすそう。



また、1週間ごとに日めくりの背景色が変化するのもポイントですよ。



日めくり付せんカレンダー「himekuri」の、写真デザイン『memory』



絵柄は365日全て異なるため、毎日楽しくめくることができそうですよね。



2023年版は、新しい読書体験ができる新柄『story』を含む、全8種類が展開されていますよ。



文房具図鑑が完成する、ブックレット付きも気になる!



ブックレット付き日めくり付せんカレンダー「himekuri」の、『文房具』デザイン



文房具好きな人におすすめなのが、特性ブックレットが付属する『文房具』デザイン。



1年を通して、めくった日めくりをブックレットに貼り付けていくことで、文房具図鑑が完成するといいます。



ブックレット付き日めくり付せんカレンダー「himekuri」の、『sweets』デザイン



都内近郊のカフェや、全国のお取り寄せスイーツショップの人気商品がデザインされた、『sweets』バージョンも必見!



 ブックレット付きのカレンダー価格は、税込2640円です。



「himekuri」公式サイト

https://himekuri.info/



「文具女子博2022」で「himekuri」が購入できるよ



日本最大級の文具の祭典「文具女子博2022」に「himekuri」が出展



「himekuri」は、東京・東京流通センターで11月23日(水・祝)~27日(日)に開催される、日本最大級の文具の祭典「文具女子博2022」でも販売されます。



実物を見ながらカレンダーデザインを吟味したい方は、イベントに足を運んでみてはいかがでしょうか?お出かけの際は、感染予防対策もお忘れなく。



「文具女子博2022」概要

会期:11月23日(水・祝)~2022年11月27日(日)

入場料:1400円

会場:東京流通センター 第一展示場 A~D ホール

住所:東京都大田区平和島6-1-1

公式サイト:https://bungujoshi.com/





isutaの毎日占いのバナーデザイン

今日の運勢をタップしてチェック✓



カテゴリ