岩田剛典主演『浅見光彦』シリーズ第2弾決定 舞台は鎌倉「重厚なサスペンスミステリーとなっています」

岩田剛典主演『浅見光彦』シリーズ第2弾決定 舞台は鎌倉「重厚なサスペンスミステリーとなっています」

 EXILE/三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典が主演を務める、テレビ東京系ドラマ『内田康夫サスペンス 浅見光彦 源氏物語殺人事件』(12月12日後8:00~後9:54)の放送が決定した。



【写真】“軽井沢のセンセ”役・榎木孝明ら『浅見光彦』出演者



 本作は、ベストセラー作家・内田康夫の代表作「浅見光彦シリーズ」を原作にしたミステリードラマで、今年で40周年を迎える。岩田が浅見光彦を演じるのは2回目となり、レギュラーキャストも続投。ミステリー作家“軽井沢のセンセ”を榎木孝明、浅見光彦の母・浅見雪江を丘みつ子、光彦の兄で警察庁刑事局長・浅見陽一郎を高橋克典が演じる。



 今作では、鎌倉に足を運んだ光彦が、円覚寺で哀しみに暮れる女性と出会う。話によると、1ヶ月前、両親と共に意識不明に陥る事件が発生し、両親はそのまま帰らぬ人になったという。警察は父親による無理心中と断定したが、女性は殺されたと断言。幽体離脱して天井から犯人を目撃したからだと明かす。



 久保田紗友は、両親が殺されたと訴え、光彦と事件解決に奔走する曾宮一恵、加藤雅也は一恵の母・華江の元婚約者・若尾剛、かたせ梨乃は華江の母・春田雅江を演じる。さらに、酒井美紀、大路恵美、ヨーロッパ企画の中川晴樹、永野宗典らが脇を固める。



 岩田は「続編のオファーをいただけたのはとてもうれしく思いました」と第2弾決定を喜び「鎌倉、そして京都が舞台の重厚なサスペンスミステリーとなっていますので、ぜひ楽しみに待っていただけたら」と呼びかけた。



【岩田剛典コメント】

前作から1年も経っていないのですが、こうして続編のオファーをいただけたのはとてもうれしく思いましたし、それだけ浅見光彦シリーズを楽しみにしているお茶の間の皆さまがたくさんいらっしゃるんだなというのを改めて感じました。



前回の撮影で培ったチームワークも今回パワーアップして、現場に臨めていると思いますので、撮影はとてもスムーズです。自分にとってもお芝居をするのにとてもやりやすい環境の中で撮影が進んでいます。前回同様に、先の読めない、話が重厚感のある作りになっていますので、ぜひサスペンスの部分も楽しんでいただけるのではないかと思っています。



今回“令和の浅見光彦”が帰ってきます。自分が浅見光彦シリーズに参加させていただいてからは第2弾となります。「源氏物語殺人事件」ということで、鎌倉、そして京都が舞台の重厚なサスペンスミステリーとなっていますので、ぜひ楽しみに待っていただけたらなと思います。
カテゴリ