南明奈、初めての子育ては「想像の何十倍も大変」 出産時のエピソードも

南明奈、初めての子育ては「想像の何十倍も大変」 出産時のエピソードも

 お笑いコンビ・よゐこの濱口優(50)の妻でタレントの南明奈(33)が、28日発売の妊娠・出産情報誌『ゼクシィBaby妊婦のための本』に初登場。出産時のエピソードや初めての子育てについて語る。



【別カット】透け感のあるワンピースをまとって…無邪気な笑顔をみせる南明奈



■1児の母になった南、出産時に印象に残ったエピソードを披露



 今回の撮影について「本当に久しぶりの撮影のお仕事だったので、とても楽しかったです。かわいい衣装を着て、素敵な写真を撮ってもらえて、リフレッシュになりました」と話した南。そんな南に、妊娠してからこれまでで印象に残ったことを聞くと「いろいろありますが、出産時が一番印象に残っています。出産予定日は、夫は地方の仕事で出産予定時刻には間に合わないスケジュールだったのですが、予定時刻には生まれず、夫が東京へ帰ってきたタイミングで生まれてきてくれて立ち会うことができたんです。赤ちゃんがおなかにいるときから、できればお父さんがいるときに生まれてくれたらうれしいなってずっと話しかけていたんです。その願いが叶ったので、おなかにいるときの声って赤ちゃんに届いているのかなって思えました」と心温まるエピソードを披露した。



■ゲップする顔が南似(!?)日々成長する子どもについて語る



 生まれた当時は濱口にそっくりだったという子どもについて「最近顔がちょっとずつ小さいときの私に似てきていて、特にゲップするときの顔が私にすごく似てるんです(笑)。表情によって夫に似ているときもあれば私に似ているときもあり、毎日さまざまな発見があって面白いです」と満面の笑みで話した。また、これからの子育てについて「夫婦で笑顔あふれる家庭を心掛けているので、子どもも笑顔あふれる人に成長してくれたらいいなと思います。あとは、勉強は苦手でもいいから、健康で、思いやりのある人になってほしいと思います」と深い愛情がうかがえる母親としての思いを明かした。



■「想像の何十倍も大変」初めての子育て



 初めての子育てについて「わが子が今何を求めているのかが分からないという状況が一番つらかったです。なぜ泣いているのか分からない、今何を訴えているか分からない。おむつも替えたし、授乳もしたし、空調も気にしてる。それなのに泣きやまなくて」と想像の何十倍も大変だと感じたという育児について話した南。最近は少しずつ気持ちに余裕ができたそうで「私なりにいろいろ調べてみて、泣くことは成長しているってこと。今はそういう時期なんだということが分かったんです。それだけでも私がダメなわけではないと思えて、すごく気分が楽になりました」と試行錯誤しながら子育てに向き合っている。



■先輩ママとしてのアドバイスは「今しかできないことを楽しんで!」



 先輩ママとして妊娠や出産を控えるママへのアドバイスを聞くと「私は妊娠期間中、鉄板焼きのお店に行ったり、映画を見たり、一人でショッピングに行くなど、とにかく子どもが生まれたらなかなか行けなくなる場所へたくさん行きました。育児中は全てがバタバタなので、ゆっくりお風呂に入ったり、パックができる時間が『こんなにありがたいとは!』と感じます。だからこそ、今のうちにやりたいことをやってほしいなと思います」とメッセージした。
カテゴリ