矢本悠馬、ダンス練習も太鼓担当で踊らず 必死に振り付け覚えるも「当日に太鼓って言われて」

矢本悠馬、ダンス練習も太鼓担当で踊らず 必死に振り付け覚えるも「当日に太鼓って言われて」

 俳優の妻夫木聡、吉岡里帆、成田凌、矢本悠馬、今田美桜が22日、東京・西銀座チャンスセンターで行われた『年末ジャンボ宝くじ』『年末ジャンボミニ』発売記念イベントに登場した。



【写真】成田凌&吉岡里帆とのトークに笑顔を見せる妻夫木聡



 5人はジャンボ宝くじのCMキャラクターに起用されている。“ジャンボ兄ちゃん”こと長男・サトシ(妻夫木)、ピュアで優しい性格の長女・リホ(吉岡)、天然キャラの次男・リョウ(成田)、お調子者の三男・ユウマ(矢本)、今どきギャルの次女・ミオ(今田)ら個性豊かな5人兄妹が、ユニークでにぎやかなやりとりを繰り広げている。



 なぜかCMでは踊ることがおなじみとなっているが、今回は“サンバ”に挑戦。妻夫木は「どんどん(ダンスの)難易度が高くなってきている。最初は盆踊りな感じだったのに。俺たち、ダンスやったことないのにできると思われているんですかね」とボヤき。



 吉岡は「本当に大変でしたね…。朝イチで、みんなで集まって鏡の前で練習して本番に入る前に汗だくになった」と撮影を懐かしむ。吉岡は「矢本くんが、スゴい大きい太鼓を持って踊っているのも見どころ」とすると、妻夫木も「さんざん練習してきたのに太鼓を持っているから結局、踊らない」と爆笑。矢本は「今回、初めて事前に練習したのに当日に太鼓って言われて…。リズムの取り方も厳しくて。太鼓なんかやったことないのに」と苦笑いするばかりだった。



 今回は、1等7億円が23本、前後賞1億5000万円が46本、2等1000万円92本、3等100万円が920本、用意されている。また、同日発売の『年末ジャンボミニ』では、1等3000万円が60本、1等前後賞1000万円が120本となっている。同宝くじは、12月23日まで発売され、運命の抽せんは12月31日に東京オペラシティ コンサートホールで行われる。
カテゴリ