丸山桂里奈&本並健治、間もなく誕生の第1子は「蹴りが強い」サッカー選手の遺伝子強め

丸山桂里奈&本並健治、間もなく誕生の第1子は「蹴りが強い」サッカー選手の遺伝子強め

 元サッカー日本女子代表でタレントの丸山桂里奈(39)、夫で元サッカー日本代表の解説者・本並健治(58)が22日、東京・銀座の茨城県のアンテナショップ・IBARAKI senseで行われた『IBARAKI肉肉フェア』のキックオフイベントにゲストとして登場した。



【横からショット】丸山桂里奈のふっくらお腹に触れるMC



 現在、妊娠7ヶ月3週目という丸山は、司会から祝福されると「ありがとうございます!」と笑顔に。お腹もふっくらしてきたが、丸山は「自分じゃわかんないんですよね」と司会にお腹を触らせるサービスもしていた。



 本並は「最近、(お腹の子が)動くようになってきた」と目尻を下げるが、「でも僕がさするとピタッて止まる」と苦笑い。丸山は「手から何か出てるんでしょうね」とイジると「蹴りが強め。これはサッカー選手の子ども。どちらかと言うと蹴りしかしてこない」と幸せオーラをあふれさせていた。



 性別は女の子の予定で、名前は姓名判断が好きなマネージャーに任せたそうだが、本並は「生まれてから顔を見て。外人みたいな名前つけて、思いっきり日本人だったら違う」。“浪速のイタリアーノ”という異名がつくほど鼻が高い本並だが、丸山は「(子どもは)本並さんの鼻だよ。エコーを見ると。この鼻が私の真ん中にいます」と笑っていた。



 丸山は先月10日、丸山はTBS系『ラヴィット!』(月~金 前8:00)に生出演し「最近、私の家の近所にカラスが集まってきちゃって悩んでたんですよ。そしたら、そのカラスの間からコウノトリがやってきました」と第1子を妊娠中であることを発表。本並も「ジョホールバルで野人・岡野がゴールを決めたときくらいうれしいです」と喜んでいた。



 『IBARAKI肉肉フェア』は、茨城県の銘柄牛「常陸牛」と銘柄豚肉「常陸の輝き」のブランド力アップを目的とし、20日に開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表と戦う対戦国にちなんだ肉のメニューが提供される。期間は、あす23日から27日まで。
カテゴリ