サム・メンデス監督最新作『エンパイア・オブ・ライト』公開日決定

サム・メンデス監督最新作『エンパイア・オブ・ライト』公開日決定

 アカデミー賞受賞作『アメリカン・ビューティ』、『1917 命をかけた伝令』から『007/スカイフォール』『007/スペクター』まで、芸術性と娯楽性を兼ね揃えた傑作を作り続けるサム・メンデス監督の新作『Empire of Light(原題)』が、『エンパイア・オブ・ライト』の邦題で、来年(2023年)2月23日より劇場公開される。



【画像】ディオールの赤いドレスをまとったオリヴィア・コールマン



 1980年代初頭のイギリスの静かな海辺の町、マーゲイト。つらい過去を経験し、今も心に闇を抱えるヒラリーは、地元で愛される映画館、エンパイア劇場で働いている。厳しい不況と社会不安の中、彼女の前に、夢を諦め映画館で働くことを決意した青年スティーヴンが現れる。職場に集まる仲間たちの優しさに守られながら、過酷な現実と人生の苦難に常に道を阻まれてきた彼らは、次第に心を通わせ始める。前向きに生きるスティーヴンとの出会いに、ヒラリーは生きる希望を見出していくのだが、時代の荒波は二人に想像もつかない試練を与えるのだった…。



 主人公ヒラリーを演じるのは、サーチライト作品『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞主演女優賞を受賞。以降も、『ファーザー』『ロスト・ドーター』で連続ノミネートを果たし、女優として文字通り頂点に立つオリヴィア・コールマン。



 共演は英国アカデミー賞ライジング・スター賞に輝く新鋭マイケル・ウォード。さらに、『英国王のスピーチ』でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースら、イギリスが誇る名優たちが脇を固める。



 本作は、サム・メンデス監督が、「最も個人的な思いのこもった作品」と呼ぶ、初の単独脚本作品。2度のオスカーに輝く撮影監督ロジャー・ディーキンス、音楽のトレント・レズナー&アッティカス・ロスなどらとタッグを組み、多感な少年時代に経験した激動の80年代の記憶を辿りながら、今を生きるわたしたちに、かけがえのないメッセージを伝える。



 ポスタービジュアルは、オリヴィア演じるヒラリーと、マイケル演じるスティーヴンが優しいまなざしで見つめ合う各々のカットと、そんな二人がエンパイア劇場から煌びやかな花火を見つめる後ろ姿を切り取っている。ポスタービジュアルには「人生を照らす光は、きっとある。」というコピーも添えられ、真っ暗な夜空のもと、柔らかな花火の光に照らされた二人の物語が本作でどのように描かれていくのかますます気になるビジュアルとなっている。
カテゴリ