小島よしお、早稲田大学で“友達ゼロ”激白 2回留年の理由明かす

小島よしお、早稲田大学で“友達ゼロ”激白 2回留年の理由明かす

 お笑い芸人の小島よしおが、18日に放送した『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(毎月第4金曜 深0:50~ ※一部地域を除く)に出演し、大学生時代は友達がいなかったという意外なエピソードを語った。



【番組カット】服を着てギャグを披露する小島よしお



 実力派お笑い芸人を多数輩出し、最近大きな注目を集める“大学お笑いサークル”は、1000人を超える芸人予備軍が在籍する巨大組織。小島は早稲田大学時代、かもめんたる・岩崎う大や槙尾ユウスケらと“WAGE”というお笑いサークルに所属し、学生ながらネタ番組などに出演して大活躍していたことを明かす。



 そんな小島だが、「超身内客しかいないサークルのライブでウケて天狗になる」「お笑いをやっている優越感でクラスメートを見下し、友達ゼロ」としくじりを告白。WAGEはお笑いコンテストで3位に入賞したのをきっかけに、大手芸能事務所に所属したのだが、芸能人になった気分でさらに天狗になった小島は優越感にひたって「同じクラスの子たちを“一般人だ”って思っちゃってた」と見下していたことをぶっちゃける。



 そんな勘違いから友人がいなくなり、「テスト前にノートが借りられず、2回留年」という事態に。小島が同じく早稲田大学卒の井桁弘恵に「どうやって友だち作ったんですか?」と悲痛な表情で逆質問すると、ハライチ・澤部佑は「悲しい質問やめてくださいよ!」と声を上げ、オードリー・若林正恭は「子ども集めてオッパッピーの人が? 説得力なくなるぞ!」とツッコミしていた。



 夢のために大学を中退しようと考えたこともあると明かすが、「私自身は卒業してよかったと思うことは何度もありましたが、途中で辞めてればよかったなと思うことは今のところ、1回もありません。気持ちが高ぶっていると思いますがいったん落ち着いて親と話し合うことをお勧めします」と呼びかけた。



 『ABEMA』では、今回の小島の授業を見逃し配信中。そして、25日は、今回の続編を放送する。
カテゴリ