吉沢亮、初共演で親子役の役所広司に感謝 べた褒めされ“父”が笑顔「立派な息子です」

吉沢亮、初共演で親子役の役所広司に感謝 べた褒めされ“父”が笑顔「立派な息子です」

 俳優の役所広司(66)、吉沢亮(28)が22日、都内で行われた映画『ファミリア』(2023年1月6日公開)の完成披露上映会の舞台あいさつに登壇した。



【動画】役所広司にベタ褒めされ照れ笑いする吉沢亮



 初共演で親子役となった2人。吉沢は「すごくうれしかったです。いつかはご一緒させていただきたいと思っていた方。このお話をいただいた時に、話自体も素晴らしいですし、役所さんとお芝居ができるっていうことも、この作品に参加する重要なことの1つだった。すごく緊張しましたけど、すごく楽しみにしていました。実際にお芝居をして、学ばせていただけるところがたくさんありました」としみじみ。



 どんなところを学んだか問われると「役としての佇まい。その場に役の人間が存在している。焼き物職人としての日常がこれなんだ、という説得力がすさまじかった。もう、すごかったです…」とうまく言葉にできないほどの衝撃を受けた。それを聞いた役所は「立派な息子ですよね~。お父さんのことを、こんなにも褒めてくれて」と頬を緩めながら「撮影中にも吉沢くんは自然にシーンに入ってきて会話する。自然に、そこに存在してくれる」と感謝した。



 2人でろくろを回すシーンがあり、役所は「僕は苦労して時間をかけて、ろくろを練習した。吉沢くんは大河ドラマで、あまり練習できなかったけど達者にやる。『おかしいな…』という話をしました」とにやり。吉沢は「大変でした(笑)。少ない時間でしたけど先生の方に教えてもらいながら頑張ってやりました」と笑っていた。



 本作は山里に暮らす陶器職人の父・誠治と海外で活躍する息子・学、そして隣町の団地に住む在日ブラジル人青年・マルコスの3人を中心に、国籍や育った環境や話す言葉などの違い、血のつながりを超えて強い絆で“家族”を作ろうとする姿を描いたオリジナル作品。



 サガエルカス、ワケドファジレ、アリまらい果、シマダアラン、スミダグスタボ、成島出監督も参加した。

カテゴリ