「チェリまほ」タイGMMTVでドラマ化 原作者の応援イラストに反響

「チェリまほ」タイGMMTVでドラマ化 原作者の応援イラストに反響

 日本でも実写ドラマ化&映画化され、大人気の“チェリまほ”こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(著:豊田悠)が、タイのGMMTVで2023年に実写ドラマ化されることが発表され、キービジュアルが公開された。現地のタイトルは『CHERRY MAGIC 30 ~』(※~=「still sing」の意味のタイ語)。



【写真】原作者の応援イラスト



 原作は、2018年9月1日より「ガンガンpixiv」(スクウェア・エニックス)にて連載中の同名漫画。童貞のまま30歳を迎えたことで「心を読める魔法」を手に入れた主人公と同僚のラブコメディ。単行本は11巻まで発売中(22年11月22日現在)。豊田氏は、自身のTwitterにタイの国旗を手にした安達と黒沢のイラストを投稿し、「タイの安達と黒沢達の恋の行方も応援していただけると嬉しいです!」と呼びかけている。



 タイで実写ドラマを制作するGMMTVは、世界のBL好きから注目された『2gether』などを手がけた制作会社。監督は、タイBLドラマ史上最も切ないと話題になり、日本でも放送された『Theory of Love/セオリー・オブ・ラブ 』(19年)などのナッタポン・モンコルサワットに決定している。出演は、『I'm Tee, Me Too/アイム・ティー、ミー・トゥー』のテイ(タワン・ウィホクラット)と、ニュー(ティティプーン・テーシャアパイクン)。
カテゴリ