峯岸みなみ、20代前半だったら「今の結婚相手は選ばなかった」 30代を前に結婚観が変化

峯岸みなみ、20代前半だったら「今の結婚相手は選ばなかった」 30代を前に結婚観が変化

 タレントの峯岸みなみ(30)が、23日放送のフジテレビ系バラエティー『ホンマでっか!?TV』(後9:10)に出演する。30歳手前になってからの“恋愛観の変化”を語った。



【番組カット】”リアルな本音”を語った峯岸みなみらタレント陣



 今回は「恋も体も異変が続出!? 30歳女子のリアルなお悩み 集団人生相談」を送る。ゲストは峯岸、かなで(3時のヒロイン)、薄幸(納言)、馬場ももこ、横山由依と、30歳を迎えた、もしくはまもなく30歳になるというメンバーが集結。恋愛や健康など、さまざまな場面で異変が続出しているという、30歳女子たちの悩みが明らかになる。



 かなでは、30歳になった焦りからマッチングアプリを始め、二重まぶたにプチ整形もしたというが、そんな衝動的な自分に今、不安を感じているという。一方、薄幸はかつて婚活アプリをやっていた時、芸人であることを隠して、保育士だとウソをついていたと語る。しかし、マッチングした男性とデートしたとき、別れ際に「『ネタパレ』、見てますよ」とささやかれて、実は正体がバレバレだったという恥ずかしい体験を明かす。



 峯岸は自身のファンだった人気グループYouTuber・東海オンエアのてつやと「推し婚」をしたことが話題だが、峯岸によると「20代前半では、ファンの人を(結婚相手に)選ばなかった」という。30歳手前になったからこそ、恋愛観が変わって、てつやと結婚したというのだ。明石家さんまから「(1人のファンの人から)どこから恋に変わったの?」と深掘りされると、元AKBメンバー小嶋陽菜の”ある一言”がきっかけだったと明かす。



 結婚したてで幸せ絶頂のはずの峯岸だが、実は今、意外な悩みがあるという。それは、結婚する前は、バラエティー番組で過去の“恋愛ネタ”などをいじられていたが、結婚してからは、そういったことが一切なくなったため「“幸せそうでよかったね”って言われるけど、“幸せじゃない人”として出ていた時の方がみんなに笑ってもらっていたと思う!」と、結婚を機にバラエティーでの自分の立ち位置に悩んでいると本音を漏らす。
カテゴリ