戸田恵梨香『母性』で俳優人生初の心境に「こんな不思議な感覚になったことはない」

戸田恵梨香『母性』で俳優人生初の心境に「こんな不思議な感覚になったことはない」

 俳優の戸田恵梨香(34)、永野芽郁(23)が23日、都内で行われた映画『母性』初日舞台あいさつに登壇。廣木隆一監督、原作の湊かなえ氏も登場し、公開初日を迎えた思いを語った。



【動画】湊かなえ氏の言葉に感謝…作品への思いを明かす戸田恵梨香&永野芽郁



 同作は「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」とまで語った湊かなえ氏の小説を映画化。ある女子高校生の遺体が見つかったことに端を発した、「母と娘」をめぐるミステリー。



 母・ルミ子を演じる戸田は「この作品を見たときに、この作品って何なんだろうと不思議に思ったんです。自分の作品はだいたい、役を通して感情移入したり、客観的に見ることができるんですけど、今回はどの視点でも見れなくて、こんな不思議な感覚になったことはない」とこれまでの俳優人生で初めての心境となったという。「世代や性別によっても見方が違うんだなと。みなさんが誰に感情移入して、どう受け取るのかすごく興味深いです。これから皆さんの感想が楽しみでしかたがない」とワクワクした笑顔を浮かべた。



 娘・清佳を演じる永野は「初めて戸田さんにお会いしたことを思い出しながら来た」と明かし「あっという間のような、時間がかかったような。不思議な感じで、他の作品の初日とはどこか違うなと感じています」と心境を語った。



 「書いているときも映像が浮かんでいた」という湊氏だが、「映像が頭の中にあったはずなんだけど、このセリフはこんな表情なんだとお二人に教えてもらったような感覚。お二人の演技を見て全部上書きされました」と2人の演技を絶賛。戸田と永野はともに「恐縮です…」と恐縮しながらも誇らしげな表情を浮かべていた。



 戸田は最後のあいさつで「面白いとか楽しいっていう作品ではないと思います。人が普通に過ごしていく中で気づかなかったことをハッと気付かされるような作品で、自分自身を振り返らざるを得ない作品になっていると思うんです。ただそれが、前を向くきっかけになったらうれしいと思います」と呼びかけていた。

カテゴリ