アミューズ俳優ユニット、新曲「ハンサムサンバ」12・14配信リリース「渋谷をブラジルにしちゃいましょう!」

アミューズ俳優ユニット、新曲「ハンサムサンバ」12・14配信リリース「渋谷をブラジルにしちゃいましょう!」

 アミューズ所属の俳優ユニット「チーム・ハンサム!」が12月29・30日の両日、東京・LINE CUBE SHIBUYAで開催するファン感謝祭イベント『Amuse Presents SUPER HANDSOME LIVE 2022 “ROCK YOU! ROCK ME!!”』(計3公演)に向けた新曲「ハンサムサンバ」が、12月14日に配信リリースされることが決定した。



【写真】チーム・ハンサム!の新曲「ハンサムサンバ」ジャケ写公開



 2005年に始まった通称“ハンサムライブ”は、今年17年目を迎える。これまでにもオリジナル楽曲が制作され、ライブで披露してきたが、今年の新曲「ハンサムサンバ」が完成した。



 作詞作曲は、ハンサムの人気オリジナル楽曲「無礼講!!!」や「親孝行!!!」を手がけてきたFLOWのTAKE(Gt)が担当。「ハンサムライブを観ていただいた方々と一緒に踊り、楽しい時間を過ごして今年を締めくくりたい!」というハンサムメンバーの想いのもと、ライブで声を出せなくても、メンバーと一緒に踊って、楽しく盛り上がれる楽曲となっている。



 TAKEは「まだライブで声を出せない環境だからこそ、体を動かして、踊って、手を叩いて一緒に楽しめる曲を目指しました。チーム・ハンサム!もファンの皆さんも、いつまでも終わらないカーニバル曲として心から楽しんでいただけたらうれしいです」とコメント。



 チーム・ハンサム!の小関裕太は「サンバのリズムがキャッチーなので覚えやすく、盛り上がる一曲です! 今年はこの一曲のみ新曲となるので、ライブのどこで入ってくるのかとても楽しみです」と心待ちに。細田佳央太は「この曲を歌うことで、渋谷をブラジルにしちゃいましょう!」と呼びかけている。



 ライブ前にはYouTubeで、演出・振付を担当するSHUN氏による振り付け動画を配信予定。



◆参加アーティスト(50音順)

青柳塁斗/青山凌大/石賀和輝/猪塚健太/岩崎友泰/太田将熙/甲斐翔真/小関裕太/富田健太郎/新原泰佑/東島京/兵頭功海/平間壮一/福崎那由他/細田佳央太/松島庄汰/水田航生/溝口琢矢/山崎光(※崎=たつさき)



■FLOW TAKE(「ハンサムサンバ」楽曲提供)コメント

今回、「親孝行!!!」以来久しぶりにハンサムのみんなに新しい楽曲をプレゼントさせていただきました!



コロナ禍の中で多くの人が辛い思いをしたり、世界を見渡せば胸を痛めるニュースが飛び込んできます。そんな時期が続いているからこそ、チーム・ハンサム!の曲を聞けば元気になってほしい、新しい楽しい思い出をたくさん作ってほしい!そういう思いのもと楽曲を制作させていただきました。



年末といえば、、サンバ!!

まだライブで声を出せない環境だからこそ、体を動かして、踊って、手を叩いて一緒に楽しめる曲を目指しました。

チーム・ハンサム!もファンの皆さんも、いつまでも終わらないカーニバル曲として心から楽しんでいただけたらうれしいです。



■チーム・ハンサム!コメント

▼平間壮一

久しぶりのスタッフの方々とのハンサムのレコーディングになりましたが、昔から知っているからこそ、安心して信頼して楽しくレコーディングすることができました。

今回は僕たち先輩ハンサムも多く出させていただいているので、ハンサムライブが僕たちにとっても、お客様にとっても戻れる場所として、一緒にこの曲を楽しんでいけたらいいなと思います。



▼小関裕太

サンバのリズムがキャッチーなので覚えやすく、盛り上がる一曲です! 今年はこの一曲のみ新曲となるので、ライブのどこで入ってくるのかとても楽しみです。みなさんも楽しみに待っていてもらえるとうれしいです。



▼細田佳央太

初めて聞いたときは、またハンサムから面白い曲がでたな!と思いました!

今回の曲はお客さまみんなと、一緒に踊って盛り上がれる曲になっているので、僕たちとお客さまとの繋がり感や一体感を感じられる曲だと思います。

この曲を歌うことで、渋谷をブラジルにしちゃいましょう!



▼青山凌大

久しぶりのレコーディングで緊張したのですが、先輩方がレコーディング前に話しかけてくださり緊張がだいぶとけて、楽しくレコーディングができました。

明るく、盛り上がる曲でありながら、歌詞も今の時代だからこそ出てくる歌詞で僕自身も聞いてくださる方も元気付けられる曲だと思います!
カテゴリ