佐久間宣行氏『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』完成度に驚き 好きなセリフは第10話「届かなくていい手紙なんてないのですよ」

佐久間宣行氏『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』完成度に驚き 好きなセリフは第10話「届かなくていい手紙なんてないのですよ」

 京都アニメーション制作のアニメ映画『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、25日に日本テレビの「金曜ロードショー」で初放送されることを記念して、ファンであるテレビプロデューサー・佐久間宣行氏からのコメントが公開された。なお、当日は午後9時から放送枠を40分拡大して放送される。



【画像】これぞ京アニの神作画!もう泣ける…『劇場版 ヴァイオレット』の名場面カット



 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月にテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。



 「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開された『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。



 昨年「金曜ロードショー」では、テレビシリーズの“金曜ロード特別編集版”と『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 -永遠と自動手記人形―』を放送。2週にわたってツイッターのトレンドを席巻し、世界トレンド1位を獲得するなど大きな話題に。



 今回放送される『劇場版』は、そんなヴァイオレットのその後が描かれる。代筆業の経験を重ねながら、いつかギルベルト少佐に会えると信じて待ち続けるヴァイオレット。ある日一通の宛先不明の手紙から、物語が大きく動き出す。



 そんな『ヴァイオレット』の魅力について佐久間氏は「脚本・演出・作画・演技・音楽、全てのレベルが異常に高いこと。どの部分を切り取っても、どの瞬間を見ても、毎回新しい感動があります。そして、「想いは伝わる」「人は変われる」という愛と成長の物語が一度もぶれないことが素晴らしいと思います」と絶賛。



 「京都アニメーションの作品はできるだけ見ているのですが、この作品は時間ができたら見ようと先延ばしにしていました。しかし、あまりの評判に配信サイトで一気観したら、その素晴らしさに驚きました。妻と娘にも伝えて、その週末にリビングで2人とも号泣していました」と作品の虜になったと打ち明けた。



 作品を通して好きなセリフは「TVシリーズでは第10話の「人には届けたい想いがあるのです。届かなくていい手紙なんてないのですよ」というヴァイオレットのセリフ。この物語を象徴するセリフの一つだと思いました。愛を知らなかったヴァイオレットの人間的な成長は、他人への愛を知ることで遂げるという意味でも感動的でした。劇場版での好きなセリフは「そして『愛してる』を知ったから……『愛してる』を伝えたいと思いました」という終盤の(ヴァイオレットが書いた)手紙での言葉です」と説明。



 最後に主人公・ヴァイオレットの魅力は「感情を失っているときも、他者の気持ちに触れるときも、自分の想いを言葉にするときも、常に真剣なところです。彼女がひとつひとつ取り戻していくさまに、見ている僕たちも、生きていく中で忘れていた思いやりや愛情を再発見することになるので」と伝えた。
カテゴリ