『戦場のメリークリスマス 4K修復版』最後のリベンジ上映決定

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』最後のリベンジ上映決定

 松竹ヌーヴェル・ヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた熱き映画監督、大島渚。彼の最大のヒット作『戦場のメリークリスマス』(1983年)をデジタル素材に修復した『戦場のメリークリスマス 4K修復版』の最終上映期限が来年(2023年)3月末に迫っていることから、1月13日より東京・新宿武蔵野館ほかにて最終上映することが決定した。



【動画】『戦場のメリークリスマス 4K修復版』予告編



 昨年4月16日から、新宿武蔵野館ほか全国9館でスタートし最終的に約100館で上映された『戦場のメリークリスマス 4K修復版』は、初週合計来場者数が5273人、729万3500円を動員する大ヒット発進だった。終映後、客席から拍手が起き、涙する人々や、公開を記念して販売したパンフレットやグッズを求めて長蛇の列ができるなど熱気に包まれた初週末には、さらなる盛り上がりが予想されていた。



 しかし、そのタイミングで政府から緊急事態宣言が発令。都内ほか約10館が休館となり、一時上映中止に。その後は、営業時間の短縮や、座席指定券の事前販売休止などの措置を取りながら、上映は再開されたが、足を運びたい気持ちはあっても自粛を余儀なくされた人もいたことだろう。



 そこで最終リベンジ上映が決定。メイン館となる新宿武蔵野館では1月6日より、坂本龍一が音楽、出演を務めた名作『ラストエンペラー劇場公開版 4Kレストア』(1987年、ベルナルド・ベルトルッチ監督)も上映される。また、2017年発売『async』以来、約6年ぶりの坂本龍一オリジナルアルバム『12』が1月17日に発売されることが決定。いまだ続く闘病生活の中、日記を書くように制作した音楽のスケッチの中から、12曲を選び1枚のアルバムにまとめた作品集だ。



 デヴィッド・ボウイの公式ドキュメンタリー『ムーンエイジ・デイドリーム』も2023年3月に日本公開。来年は『戦メリ』のリベンジ上映と合わせて、坂本龍一、デヴィッド・ボウイの類まれなる才能に存分に触れられる機会となりそうだ。



 『戦場のメリークリスマス 4K修復版』の上映は、大島渚監督作品が2023年4月に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショー公開として企画されたもの。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くに人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となる。

カテゴリ