『明日海りおのアトリエ2』配信スタート、初の沖縄本島&故郷の静岡へ旅を満喫

『明日海りおのアトリエ2』配信スタート、初の沖縄本島&故郷の静岡へ旅を満喫

 元宝塚歌劇団の俳優・明日海りおの冠番組、Huluオリジナル『明日海りおのアトリエ』のSeason2(全8話)が、宝塚歌劇団を退団してから丸3年目となる本日(24日)よりHuluで、#1と#2の独占配信がスタート。26日から毎週土曜日に新エピソードが配信される(全8回)。



【画像】60秒PR映像



 昨年5月から順次配信されたSeason1では、秘密基地であるアトリエの中で“生活を豊かにするオトナのひとり時間の過ごし方”を学んだ明日海。Season2ではアトリエの外へ飛び出して「新しい学び」や「感動」を吸収し、自身をアップグレード。初めて訪れるという「沖縄本島」、そして故郷である「静岡」を旅しながら、各地の絶景や文化、伝統工芸、芸能と出会い、よりポジティブに、より美しく…さらなる進化を遂げていく。



■明日海が沖縄で初挑戦三昧――「エイサー」では才能爆発、男役オーラも再燃!



 本日配信された#1と#2を含め、明日海が前半戦で訪れているのは「沖縄本島」。ここでは、以前から興味のあった「沖縄民謡」のライブに酔いしれ、独特の歌唱法を学んだり、「三線」や「エイサー(※本土の盆踊りにあたる沖縄の伝統芸能)の締太鼓」にも初挑戦。「エイサー」では一瞬で宝塚の男役に戻ったかのような、唯一無二のオーラを放出。振り付けを初見で覚え、“屈伸からすぐさまスッと立ち上がる”動作も美しくこなし、数えるほどの練習で完璧にマスターしてしまうなど、元タカラジェンヌならではの才能を発揮する。



 さらに、明日海は「琉球ガラス」作りに初挑戦するなど、沖縄の伝統をたっぷり学ぶ旅を展開していくことに。明日海と真夏の沖縄、それぞれの“まばゆい魅力”が次々とあふれ出す沖縄旅となっている。



■明日海の目に涙! 思い出のバレエ教室で去来した思いとは!?



 そして、12月3日から配信スタートする6話以降は、「いま自分が忘れているかもしれない感覚を取り戻して、さらにアップデートしてみたい」という明日海が出身地・静岡に赴き、自身のルーツを探訪。



 静岡旅の起点は、思い出の場所だという「駿府城公園」。ここでさまざまな記憶を思いをはせ、かつて通っていたバレエ教室も訪問する。実は、明日海がこの教室を訪れるのは10数年ぶり。当時の先生と再会するや歓喜の声を上げ、先生が持っていた“当時のお宝パンフレット”を交えて思い出話に花を咲かせることに。そんな中、久々にこの教室でバレエを踊った明日海が急に感極まり、涙を流す一幕も。



 また、明日海はグランドピアノの工場を見学し、ピアノ演奏も披露。ワサビ田では大好物だという静岡名物ワサビを自ら初収穫し、富士山を望む風光明媚な場所では「以前からずっとやりたかった」というグランピングにも初挑戦する。



 静岡の旅を終えた明日海は「最初はこうやって番組で来させていただくのが、ちょっと不安でした(笑)」と茶目っ気たっぷりに前置きしつつも、「実際に来てみたら『あぁ、懐かしい〜! やっぱりいいな、静岡』と思ったり、逆に『全然知らなかった!』と驚くような魅力もたくさん発見できて、『本当に来てよかったなぁ。静岡のことを新たに知れてよかったな』と思います」と感無量の様子。今まで知らなかった故郷の顔、つい忘れてしまっていた過去の自分に触れ、新たな表情を見せる明日海の静岡旅も必見だ。



■配信スケジュール

#1、#2:11月24日(木)から配信

#3、#4:11月26日(土)から配信

#5、#6:12月3日(土)から配信

#7、#8:12月10日(土)から配信

カテゴリ