ザ・ビートルズ来日公演のドキュメンタリー、松本隆・財津和夫・King Gnu井口理・奥田民生ら登場

ザ・ビートルズ来日公演のドキュメンタリー、松本隆・財津和夫・King Gnu井口理・奥田民生ら登場

 ザ・ビートルズのレコードデビューから60年となるタイミングで製作されたドキュメンタリー映画『ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~』(2023年1月27日公開)の出演者第2弾として、ビートルズに触れて衝撃を受けた日本人ミュージシャンや著名人たち11人が発表された。



【画像】ビートルズが来日時にオーダーしたというディナーメニュー



 1966年6月、日本社会を熱狂の渦に巻き込んだ「ザ・ビートルズ来日公演」。最初で最後となった来日公演の実現までの道のりは必ずしも平坦ではなかった…。同映画は、50年代からビートルズ登場までの日本ポピュラー史をひも解きながら、ビートルズ来日、さらには彼らが日本音楽界に及ぼした影響までを追う。



 ビートルズとの出会いを「全然違っていた」と表現する松本隆(元はっぴいえんど・作詞家)、一瞬でサウンドに引き込まれ「ビートルズに溺れちゃうと思った」財津和夫(チューリップ)は、実際溺れてその影響を自身の音楽にたっぷり反映させた。



 もちろんビートルズからのインスピレーションは、現在シーンのど真ん中で活躍するミュージシャンにも及んでいる。『ザ・ビートルズ 1』(2000年)を「狂ったように聴き続けた」と語る井口理(King Gnu)や、父親が大のビートルズ・ファンで幼稚園の頃には「目覚めていた」と振り返る峯田和伸(銀杏BOYZ)。奥田民生は、小学生時代の夏休み、テレビで放映された『アニメ・ザ・ビートルズ』をカセットで録音して曲を覚えたという。



 超人気漫画家にしてバンド活動も行なう浦沢直樹の“観せてもらえなかった武道館テレビ放映”話に共感する同世代ファンも少なくないだろう。ビートルズへの深いリスペクトが、それぞれの言葉から熱となって放たれる。



 また、ビートルズ日本武道館公演で、尾藤イサオとブルー・コメッツとして前座を務めた尾藤は、同じく前座で出演した内田裕也との思い出を懐かしみ、日本武道館公演に足を運んだ黒柳徹子はそこで目の当たりにした衝撃の光景を明かす。祖母の一声で(!?)4人に対面し、一緒にすき焼きを囲んだ加山雄三の有名な話も、本人の口から語られる。



 その他、メジャー・デビュー曲「帰ってきたヨッパライ」がオリコン初のミリオン・ヒットとなったザ・フォーク・クルセダーズのきたやまおさむや、ロカビリー三人男のひとりミッキー・カーチスが振り返る、ビートルズ前夜の日本の音楽シーン、ビートルズの新しさなど、興味深いが満載となっているようだ。



 ビートルズに触れた衝撃や、彼らから受けた影響を語る日本人ミュージシャンの生々しい言葉、リアルな体験談は、異国の地においても絶大なる存在感を放ったビートルズのすごさを改めて証明する。
カテゴリ