トレエン斎藤「ドイツを応援していました」 悪い父親役の役作り明かして爆笑さらう

トレエン斎藤「ドイツを応援していました」 悪い父親役の役作り明かして爆笑さらう

 お笑いコンビ・トレンディエンジェルの斎藤司が24日、都内で行われたミュージカル『マチルダ』の製作発表に参加した。



【写真】1000人以上のオーディションを通過!マチルダのポーズをする子役4名



 マチルダの父であるミスター・ワームウッド役を斎藤、田代万里生がダブルキャストで務める。マチルダを理解しない、中古車販売で詐欺行為を行う父親となる。斎藤は「『マチルダ』の初演。アルバイトのオープニングスタッフとかにも憧れていた。それとは、もちろんケタが違うんですけど」と笑わせながら「こういったステキなメンバーと一緒にやらせていただけるので緊張しながら」と意気込んだ。



 さらに、早くも役作りをしているという。「悪いお父さん役、ということで、昨日もドイツを応援していました」とニヤリ。会場の笑いを誘うと「そしたら、ちゃんと痛い目を見ました(笑)。しっかり役作りをしながらやっていきたい」と宣言。最後は「ニッポン、おめでとうございます」とサッカー・ワールドカップカタール大会でドイツに歴史的勝利を挙げた日本代表を祝福していた。



 英ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーが2010年に製作し、ウエストエンドで最も人気のある作品となった全世代に愛されるヒットミュージカル。原作は、『チャーリーとチョコレート工場』でも有名なイギリスの国民作家ロアルド・ダール著『マチルダは小さな大天才』。口ずさみたくなる音楽、ポップで印象的な美術、普遍的ながらもするどい脚本、彩り豊かなキャラクターたちは世界中で愛され、ウエストエンド、ブロードウェイのほか、オーストラリア、韓国でも上演された。日本では初演となる。



 会見には、1000人以上が参加したオーディションを勝ち抜いたマチルダ役の嘉村咲良、熊野みのり、寺田美蘭、三上野乃花のほか、大貫勇輔、小野田龍之介、木村達成、咲妃みゆ、昆夏美、霧矢大夢、大塚千弘、田代万里生も参加した。



 東京・東急シアターオーブで来年3月25日から5月6日まで上演(3月22日から24日までプレビュー公演)。
カテゴリ