蛙亭・イワクラ、結婚がプラスイメージへ「いい旦那さんになるなって瞬間があった」

蛙亭・イワクラ、結婚がプラスイメージへ「いい旦那さんになるなって瞬間があった」

 お笑いコンビ・蛙亭(イワクラ、中野周平)が24日、都内で行われた『BARTH「シン・疲労」白書&WEB CM発表会』に出席。結婚について語った。



【写真】バスローブ姿で登場!足湯に浸かる蛙亭



 今年の漢字を問われたイワクラは「金」と回答。「マジでお金持ちになれたので」と今年の活動を振り返り、「好きなときに好きな物を買えるようになった。来年はもっとお金持ちになりたいです」と意気込んだ。



 中野は「個人的なトピックスでいうと結婚があるんですけど」と悩みつつ、「飯」と回答。「プロポーズをするときに緊張をしすぎて釜めし8杯食べたので」と打ち明け、会場の笑いを誘った。



 結婚の予定を問われたイワクラは「予定はないです」といい「元々、ルームシェアをしていたときに『こいつ、結婚したらいい旦那さんになると思うな』って瞬間があった」と告白。「今までは、結婚がマイナスイメージだったのですが、プラスイメージになりました。いつかは(結婚)したいです」と語った。



 イワクラは、7月12日のニッポン放送のポッドキャスト番組『蛙亭のトノサマラジオオールナイトニッポンPODCAST』緊急配信で、「私、蛙亭イワクラはオズワルド伊藤さんとお付き合いさせていただいています」と交際を認めている。



 BARTHは、コロナ禍の新しい生活様式などによる新時代の疲労=シン・疲労を顕在化し、入浴によるセルフケアを啓蒙するキャンペーン「『シン・疲労』白書 by BARTH」を実施。蛙亭は、WEB CMに出演するほか「誰が誰?混乱を極めるマスク生活」「なんだかんだ腰が痛い」といった新しい疲労のかたちを表現した9種のビジュアルに登場する。
カテゴリ