橘ケンチ、ミュージカル初挑戦で歌声披露「踊りを封印して歌を」 20年越しの“伏線回収”にニヤリ

橘ケンチ、ミュージカル初挑戦で歌声披露「踊りを封印して歌を」 20年越しの“伏線回収”にニヤリ

 EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが24日、東京・大井競馬場で行われたミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』の製作発表記者会見に参加した。



【写真】白馬にまたがって…優雅に登場した中川晃教



 中川晃教演じるチェーザレ・ボルジアに生涯忠誠を誓う腹心のミゲル・ダ・コレッラ役を橘が演じる。「ミュージカル初挑戦なんですけど、そうそうたる出演者の方々とけいこをさせてもらっています。日々新鮮な発見があって、驚きがあって、ワクワクして、ドキドキしています」と話した。EXILEでは、パフォーマーとして活躍するとあって、「人前で歌を披露したことがないんですよ。なので初めて橘ケンチが踊りを封印して歌を歌うシーンが観れると思うので、ぜひそちらも楽しみにしてもらえると」と呼びかけていた。



 また、物語の舞台となるスペインとは意外な縁があるそう。「昔、海外旅行に行った時、ロサンゼルスの空港で検査官の方から『スパニッシュ?』と聞かれたことがあった。メイクも何もしていないんですけど。『アイム ジャパニーズ』と言った経験がある。今になって、ついにスペイン人役が来たか、と。20年越しに来たかと思うと、ワクワクしています。明治座さん、ありがとうございます!」と“伏線回収”に笑顔を見せていた。



 『モーニング』(講談社)で連載されている累計140万部突破の大ヒット歴史漫画『チェーザレ 破壊の創造者』(惣領冬実)のミュージカル化。15世紀に活躍し、31歳の若さで亡くなったイタリアの軍人であり政治家、チェーザレ・ボルジアの理想に燃えた戦いを描く。



 来年1月7日から2月5日まで東京・明治座で上演。創業以来“初”幻のオーケストラピットを稼働し、生演奏による本格ミュージカルとなる。2020年4月から5月にかけて上演される予定だったが、コロナ禍により、全公演が中止となっていた。



 会見には、中川晃教、別所哲也も参加した。
カテゴリ