『BLEACH』ついに零番隊が登場! 一護は涅マユリに呼び出され動揺 【第8話場面カット公開】

『BLEACH』ついに零番隊が登場! 一護は涅マユリに呼び出され動揺 【第8話場面カット公開】

 テレビアニメ『BLEACH』の最終章『BLEACH 千年血戦篇』(テレビ東京系列)第8話のあらすじ&場面カットが公開された。



【画像】ボロボロの一護&ルキア… 公開された『BLEACH』場面カット



 第8話「THE SHOOTING STAR PROJECT 〔ZERO MIX〕」は、星十字騎士団が姿を消した瀞霊廷の各所では、懸命に負傷者の救護が行われていた。四番隊の隊舎で治療を受けていた恋次やルキアを見舞う一護は、折られた天鎖斬月の件で涅マユリに呼び出され、卍解の破壊について説明を受ける。



 話を聞いて動揺した一護を連れ、マユリはある場所へと足を運んだ。護廷十三隊隊長たちが揃って待っていたのは、上空の霊王宮からやってくる「零番隊」だった。



 『週刊少年ジャンプ』で2001年から2016年まで連載していた『BLEACH』は、死神・朽木ルキアと出会い、死神の力を得た主人公・黒崎一護と、その仲間たちの活躍を描いたストーリー。コミックスの累計発行部数は1億3000万部以上で、ゲーム化、2018年に福士蒼汰主演で実写映画化もされたほか、テレビアニメが2004年~2012年まで放送された。「千年血戦篇」は原作ラストまで制作予定となっており、テレビアニメ放送は2012年3月以来、約10年ぶりとなる。
カテゴリ