仕事“丸投げ”は当たり前、勤務中はおしゃべりばかり…「あの人おかしい!」“ヤバい同僚”の末路に「正義は勝つ!」反響

仕事“丸投げ”は当たり前、勤務中はおしゃべりばかり…「あの人おかしい!」“ヤバい同僚”の末路に「正義は勝つ!」反響

 仕事を丸投げする同僚、モラハラ彼氏、マウントしてくる友人など、様々な悩みを占い師が救うオムニバス形式の人気漫画『フォーチュン・エフェクト』(BookLive刊)。マンガアプリ『ブックライブ fun』で、11週連続で売上ランキング1位を獲得した人気作品で、悩みをスッキリ解決する爽快な読後感が読者の支持を集めている。現実世界では解決しにくい日々のモヤモヤを描く作品に込めた想いについて、作者の廻さんに話を聞いた。



【漫画】「あの人おかしいんですっ!」ストレス限界…「じつはあるある⁉」ヤバい同僚のトンデモ話



■仕事をしない同僚、“幸せ”を押し付ける専業主婦…、歪んだ人間関係に反響



――傲慢な同僚が冒頭から登場して、「経験を積ませてあげる」などの理由で仕事を押し付けられる主人公が困り果てます。同じように、職場で嫌な思いをしている人は多いです。



【廻さん】いろんなことを我慢しながら過ごしている人は、多いですよね。漫画のネタ集めは、ニュースやラジオ、SNSや、外出時に漏れ聞こえる会話といった、日常の中からパッとキーワードのように浮かぶものを膨らませています。いろんなエピソードを聞いていると、似たような嫌な目に合っている人が本当に多いんです。嫌なヤツはどこにでもいるんですよね(笑)。



――各エピソードに登場する、嫌なセリフを発するときの“歪んだ表情”も本作の見所です。



【廻さん】被害を受けている人の意識をわかりやすく絵にしています。嫌なことを言われている時って、相手がたとえ普通の顔をしていても、心理的には醜く歪んだ顔に見えていると思うんですよね。このシーンを描いている時は、私も相当あくどい顔をしていると思います。ただ、描いている最中は、「こいつ憎たらしい」と思うんですけど、描き終わると冷静に考えて「この人も、きっと理由があったんだろうね」と考えたりします。



――考えさせられるという意味では、仕事を辞めたことを後悔する専業主婦の“幸せマウント”のエピソードが印象的です。



【廻さん】第3話ですね。仕事で成功する友だちへの嫉妬心をテーマにしました。これもよく聞く話ですよね。かつての同僚が生き生きと仕事をする姿が羨ましく感じて、それが妬みに繋がってしまう…。



――「幸せのおすそ分け」として、子どもや夫の手料理の写真を大量に送りつけていました。



【廻さん】独身と既婚の友人関係を描いたんですが、そもそも無意識にマウントしてしまっていることもあると思うんですよね。例えば、ワンオペ子育てで自分の時間がなくて苦しんでいる人に、「1人で自由」「夜中3時まで起きてた」なんて言うと、一瞬でマウントになるかもしれません。



――発する側に意識はなくても、捉える側によってはマウントと感じてしまう。



【廻さん】そうなんです。正直、セクハラと一緒で、捉える側がマウントだと思ったらマウントだし、それぞれの立ち位置によって平気な人もいる。それは性格もあって、その言葉が「すごい腹立つ!」と響いちゃう人もいれば、鈍感な人もいるんですね。それぞれの捉え方をテーマにしたエピソードも、本作で描きました。



■思い通りにはいかない現実、「せめて物語の中だけでも…」作者の想い



――本作は、路上占い師の胡蝶がストーリーテラーになって、1話につき1枚オープンするタロットカードをキーワードに物語が展開していきます。悩んでいる登場人物たちは、導かれたように彼女の前にストンと腰を下ろしてしまうんですよね。



【廻さん】設定を考える時に、お店の占い師か路上の占い師か悩みまして…。多分、路上の方が、占いに行こうと思っていなかった人が偶然、見つけて行ってしまうことがあるので、ふっとした心の隙間の悩みを広く捕まえられるんじゃないかと思い、この形にしました。



――本作の連載は2年以上続いて、現在29話目。同時進行で、3月からは『虐げられ令嬢とケガレ公爵~そのケガレ、払ってみせます!』の連載もスタートさせています。ネタ集めに苦労しそうですが…。



【廻さん】全然! ネタがどんどん湧いてくるんですよ。人は誰でも、「何それ、めっちゃ面白い!」っていうエピソードを100個ぐらいは持っているんです。その人にとっては何の変哲もない小さなことなんだけど、私にとっては「ネタの宝庫」。だから、たくさんの人の話を聞きたいんです。似たような話があっても、まったく同じことは起きませんし、感じる想いも人それぞれですからね。



――読者からは、「めっちゃ共感」「スッキリ、気持ちがいい」「正義は勝つ!」などの反響が集まっています。



【廻さん】嫌な目に合うことは本当に多いですが、スカッと解決させるのって難しいですよね。相手を殴ってどうにかしたら、大変なことになっちゃうので(笑)。現実が思い通りにはいかないので、せめて物語の中だけでもスッキリして、ストレス解消してもらえたらいいなと思います。
カテゴリ