マイペースに買い物ができる“無人”のお店。東京都内で古着屋さんを巡るなら、「SELFURUGI」はマスト!


比較的お手頃な価格で、かわいいアイテムをゲットできるのが古着屋さん



掘り出し物に出合えることもある反面、おしゃれな店員さんに気が引けてしまったり、他の人の視線が気になったりして、立ち寄るハードルが高いと感じたことはありませんか?



そんな人におすすめなのが、無人古着屋「SELFURUGI(セルフルギ)」。最近、都内2店舗目をオープンした、注目のお店なんです。



無人古着屋「SELFURUGI」/ 東京



東京・池袋にある無人古着屋「SELFURUGI」の店内@yuk__2001 / Instagram



東京・池袋にあるSELFURUGIは、店員さんがおらず、自分のペースで買い物を楽しめる古着屋さんです。



最近ではコンビニやスーパーなど、セルフレジを導入しているお店も増えていますが、1人で買い物をできる古着屋さんはまだめずらしいかも。



そのうえ、なんと池袋店の営業は24時間365日!曜日や時間を気にせず、ふと気が向いた時に立ち寄れる手軽さも魅力ですよ。



どうやって買い物をするの?



無人古着屋「SELFURUGI」の利用方法を説明するポスター@s____.s_style / Instagram



「無人のお店でスムーズに服が買えるの?」と不安に思う人もいるかもしれませんが、SELFURUGIでのショッピングはとっても簡単です。



買い物を助けてくれるのは、バーコードが付いた黄色い商品タグ。セルフレジでこのバーコードをかざして、お会計をするという仕組みになっています。



服を選ぶところから支払いまで、全て1人でできちゃうから気楽ですよね。



“無人”の他にもこんな魅力が…!



東京・池袋にある無人古着屋「SELFURUGI」の店内@yuk__2001 / Instagram



白を基調にしたスタイリッシュな店内には、人気のブランド古着をメインに、メンズ・レディースどちらも豊富なアイテムが並んでいます。



商品は、1000~5000円のものが中心。無人店舗にすることで人件費も削減でき、手に取りやすい価格設定にも繋がっているのだとか。



思わず写真を撮りたくなる、デザイナーさんがペイントした壁にも注目。“ちょっとのぞいてみる”感覚で立ち寄るのもいいかもしれませんね。



2022年9月には吉祥寺店がオープン



都内2店舗目として9月にオープンした「SELFURUGI」吉祥寺店@na.n0.ka / Instagram



池袋店に続き、9月には吉祥寺にも店舗が誕生。



ガラス張りで開放感があり、立ち寄りやすい雰囲気のお店です。店頭に出ているラックもぜひチェックしてみて。



同じ商品を扱わない古着屋さんならではの特性もあって、それぞれの店舗で品揃えが異なるので、両方行ってみたくなっちゃいますね。



とにかく入りやすいから、古着デビューにもおすすめ!



2022年9月にオープンした、無人古着屋「SELFURUGI」吉祥寺店@s____.s_style / Instagram



人の視線や時間を気にせず、のんびりショッピングができるSELFURUGIは、どんな人でも立ち寄りやすい古着屋さん。



1人でも友だちとでも、思う存分買い物を楽しんでみてくださいね。



お出かけの際は、感染対策をお忘れなく。



SELFURUGI 池袋店

場所:東京都豊島区目白2-4-8

営業時間:0:00~24:00

定休日:なし

公式Instagram:@selfurugi___ikebukuro





SELFURUGI 吉祥寺店

場所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1

営業時間:11:30~20:00

定休日:なし

公式Instagram:@selfurugi





isutaの毎日占いのバナーデザイン

今日の運勢をタップしてチェック✓



カテゴリ