高田秋、家に日本酒50本常備「飲むときは一人で4~5合」

高田秋、家に日本酒50本常備「飲むときは一人で4~5合」

 モデルでタレントの高田秋(31)が25日、東京・神田ワテラスで行われた日本酒プロデュース第2弾「秋華七2022」発売記念『高田秋のPOP-UP MARCHE』に登場。酒が大好きだという高田が「日本酒が家に50本くらいある」と酒豪っぷりを明かした。



【写真】大きな”プロデューサー高田秋”名刺を持つ高田秋



 昨年初めてプロデュースした日本酒「秋華七-AKIHANA-」の第2弾となる「秋華七2022 純米『彗星・きたしずく』」の2種類を、自身の誕生日である9月23日に発売した高田は「第一弾からガラッと味を変えたいなと思いまして、今回は競馬好きのおじさま方にも刺さるような味わいで作りました。大好きな北海道のお米で、香りから違います。フルーティーでありながらも、お米の旨味や深みが感じられるお酒になったかなと思います」と紹介した。



 酒は毎日飲むという高田だが「家に日本酒が50本くらいあるんですけど、ビールもサワーもワインセラーもあって、家の中お酒だらけです(笑)」と酒豪っぷり明かす。飲酒量については「飲むときはだいぶ飲みますけど…日本酒だと一人で4~5合くらいですかね」と明かし、会場から驚きの声が上がっていた。



 25日、27日に行われるイベントでは、高田が出演するラジオNACK5『ちょいさき』とラジオ日本『高田秋のFEEL SHUNICE!』の公開収録や、高田と一緒においしい日本酒を学ぶ企画、出身地である北海道産の品を集めたポップアップマルシェなどさまざまな催しを実施。高田も販売員として店頭に立つ予定となっている。
カテゴリ