星野源、Eテレ音楽教養番組『おんがくこうろん』シーズン2放送決定「反響があまりに大きく」

星野源、Eテレ音楽教養番組『おんがくこうろん』シーズン2放送決定「反響があまりに大きく」

 シンガー・ソングライターで俳優の星野源がホストを務めるNHK Eテレの音楽教養番組『星野源のおんがくこうろん』シーズン2が、12月3日(後9:00~9:30)から放送されることが決定した。毎回1人の「歴史を変えた音楽家」にスポットを当て、さらにディープに“音楽を聴く耳”を“田起こし”する。



【場面写真】シーズン2初回は「電子音楽家 レイ・ハラカミ」にスポット



 同番組は、ホストの星野が、音楽を解説することが大好きなパペットの「かいせついん」たちとともに、毎回1人の「歴史を変えた」音楽家にスポットを当て、楽しく音楽を学んでいく音楽教養番組。その音楽家が制作した楽曲や、たどってきた人生、当時の社会状況をひも解きながら、現代の音楽に与えた影響をディープに掘り下げていく。



 今年2~3月にかけて全4回放送され、J・ディラ、ジョージ・ガーシュウィン、アリー・ウィリス、中村八大の音楽を特集してきたが、反響の大きさを受け、シーズン2の放送が決定。星野は「シーズン1の反響があまりに大きく、ありがたいことに年を跨がずに『おんがくこうろん』の第2弾が実現することになりました。今回も全4回、それぞれ違う趣向の、しかしその奥には通底する同じ何かが見えてくる様な素晴らしい音楽家たちを取り上げます」とのコメントを寄せた。



 12月3日放送の第5回は「電子音楽家 レイ・ハラカミ」にスポットを当てる。2011年に、40歳の若さでこの世を去ったレイ・ハラカミさんは、ぬくもりと浮遊感のある独自の電子音を作り上げ、90年代後半から活躍。国内外で高い評価を受けた。



 番組では、生前親交のあった矢野顕子や岸田繁(くるり)が、唯一無二と称される「ハラカミサウンド」の魅力や知られざるエピソードを語る。さらに、生涯使用していた機材「SC-88Pro」(通称ハチプロ)から生み出される音作りにフォーカス。限られた機材で無限の音を作り出した音楽家レイ・ハラカミの音楽制作の秘密が明らかになる。



 なお、シーズン1のアンコール放送も決定。第1回「ビートの求道者J・ディラ」が、12月3日午後3時30分よりEテレで再放送される。



■星野源コメント

シーズン1の反響があまりに大きく、ありがたいことに年を跨がずに『おんがくこうろん』の第2弾が実現することになりました。今回も全4回、それぞれ違う趣向の、しかしその奥には通底する同じ何かが見えてくる様な素晴らしい音楽家たちを取り上げます。



より深く、より気軽に、ぽけーっと観ているだけでいつの間にか音楽沼の入り口に立っているような、わからない方もわからないまま楽しめる番組『おんがくこうろん』シーズン2。今回も永久保存版です。



■『星野源のおんがくこうろん』シーズン2

▼第5回「限られた機材で無限の音を作り出した音楽家レイ・ハラカミ」

出演:星野源、林田理沙アナウンサー

VTRゲスト:岸田繁(くるり)/矢野顕子/由良泰人(映像作家) ※50音順

かいせついん:ゾンビかいせついん(西田彩ゾンビ)/マサかいせついん(原雅明)
カテゴリ