三四郎、総額3億円超えの絶景豪邸の家主を捜査 「これが覇者だ!」「ホテルじゃん!」と圧倒

三四郎、総額3億円超えの絶景豪邸の家主を捜査 「これが覇者だ!」「ホテルじゃん!」と圧倒

 お笑いコンビ・三四郎が、26日放送の日本テレビ『ゼロイチ』(毎週土曜 前10:30※関東ほか放送)に出演する。番組では、小宮浩信と相田周二の2人が、豪邸の中を捜査し、家主の正体を解き明かす「凄家家主捜査」にチャレンジする。



【写真】10年前…“歯がなかった”ときの写真を披露した三四郎・小宮



 2人が向かったのは兵庫県西宮市にある“宙に浮く”総額3億円超えの絶景豪邸。4階建て、5LDKの外観に「うわすごい!」「これは3億超えるよ」といきなり圧倒される。家主を訪ねようとするも、「入口がわかりづらい」「インターホンどれ?」とオシャレな外観に困惑しきり。出てきた家主に「得策じゃない」「優しくない」と嫉妬交じりに不満をぶつけまくる。



 中に入ると「これが覇者だ!」「ホテルじゃん!」とさらに圧倒されてしまう2人。玄関には有名書道家が書いた200万円の掛け軸、妻のリクエストで作った広い土間とブランコ、庭にはゴルフ練習用のスペースやBBQができるガーデンキッチン、さらに駐車場には4000万円のロールスロイスと、目を見張るものばかり。



 家屋は「景色がすごくいいのでどうしても4階にリビングを」という家主の強いこだわりのもと設計。まるで池に浮いているような景観に「すげー!」「なるほど、確かにこれは浮いてる」とビックリ。さらに、バルコニーに出てみると「ここはすごい!」「宙に浮いてる感じむちゃくちゃある」と大興奮。最高の景色の中、昔バーを経営していたという家主と小学生の娘が三四郎の2人にあるおもてなしを行う。



 また、小宮は妻愛用のトレーニング器機を試したところ、「結構だな!」とヘロヘロに。ボクシングをやっているという小学生の息子が三四郎に本気のミット打ちをする場面も。指名された相田は「みくびられたもんだよ」と余裕を見せるも、息子の本気の構えに「目がヤバイ」「落ち着いて?」とオロオロしてしまう。



 そんな大豪邸に住む家主の職業を当てるためヒントを探ると、ストップウォッチ、ホワイトボード、メモ帳、世界各国のお金など、気になるアイテムを発見。果たして三四郎は家主の職業を当てることができるのか。
カテゴリ