世界がボロ泣き…『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』設定資料が公開「原画・動画はすべて紙に鉛筆で描かれています」

世界がボロ泣き…『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』設定資料が公開「原画・動画はすべて紙に鉛筆で描かれています」

 京都アニメーション制作のアニメ映画『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が25日、日本テレビの「金曜ロードショー」で初放送された。番組公式ツイッターでは、設定資料イラストや名場面カットが公開されている。



【写真】スカート確かに違う!京アニすげぇ…公開された『ヴァイオレット』カラー設定資料



 ツイッターではヴァイオレットが描かれたイラスト資料とともに「ヴァイオレットの設定【色見本】紹介! TV版と劇場版では見た目の変化だけでなく、衣装のデザインも変更されています。成長に合わせて設定を作り直すスタッフのこだわりです」「京都アニメーションの原画・動画はすべて紙に鉛筆で描かれています。たくさんの絵を重ねて動きを表現、スタッフが魂込めて描画しています」と説明している。



 なお、テレビ放送されるとネット上では感動の声があがり、ツイッターでは世界トレンド1位に輝いた。



 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月~4月に京都アニメーション制作でテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。



 「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開された『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。



 『劇場版』は、そんなヴァイオレットのその後が描かれる。代筆業の経験を重ねながら、いつかギルベルト少佐に会えると信じて待ち続けるヴァイオレット。ある日一通の宛先不明の手紙から、物語が大きく動き出す。
カテゴリ