馬場ふみか、モラハラ夫・野村周平を社会的に抹殺しようと計画する専業主婦に テレ東で新ドラマ

馬場ふみか、モラハラ夫・野村周平を社会的に抹殺しようと計画する専業主婦に テレ東で新ドラマ

 テレビ東京では、ドラマチューズ!枠で『夫を社会的に抹殺する5つの方法』(2023年1月10日スタート、毎週火曜 深0:30~)を放送することがわかった。主演を務める馬場ふみかが、野村周平演じるモラハラ夫を社会的に抹殺しようと計画する。



【写真】イラストを再現する馬場ふみか、野村周平



 原作はDMMグループのウェブ漫画制作スタジオ「GIGATOON Studio」が制作し、「DMMブックス」で独占配信中の三田たたみ氏による同名漫画。縦読み漫画ならではのスピーディーでブラックな展開が話題を集めている。



 暴力や心無い暴言を浴びせ続ける冷酷非情な夫・奥田大輔(野村)からDVやモラハラを受けてきた主人公・茜(馬場)が、謎の手紙の指示に従い大輔を社会的に制裁する中で、自他と対峙し、人生を見つめ直す姿を描く。ネットを介し、発信、受信、監視、管理などが容易になった現代だからこそ、心と身体が求める時代に即した“コミュニケーションのあり方”を見つめ直すきっかけになればと、ただの復讐劇ではなく、現代社会が抱える問題に切り込んだ意欲作となっている。



 茜は、結婚して1年になるモラハラ夫から、日常的に向き合うことから逃げ、機嫌をとり、言いなりになっていたが、念願の子どもを流産したことをきっかけに、旦那を社会的に抹殺しようとする。一見大人しそうに見えるが、実は芯が強く頑固な性格で、夫に復讐する一方で、本来自分が持っていた強さを取り戻していく。馬場は「彼女の復讐を通して、身近な人との向き合い方を一緒に考えられる作品になることを願いつつ、その先にある、自分自身と向き合うことの大切さを感じていただけるよう、誠心誠意、丁寧に演じていきます」と意気込んだ。



 大輔は、新進気鋭の敏腕広告マン。実家が「奥田産業」という会社を経営し、いつかは継ぐ予定。結婚してしばらくし、顔色を伺う茜に対してイライラし、DVをすることも。しかし、イケメンで外面はよく仕事ができるため、モテる。野村は「非常にひどい男なのですが、やるからには思いっきりやってやろうと思っております」と覚悟を決め、「フィクションであるということをしっかりと理解していただきながら楽しんでもらえればと思います」と呼びかけた。



【キャストコメント】

■馬場ふみか(奥田茜役)

茜は思い描く理想の生活からかけ離れた現実に苦しみ、夫を社会的に抹殺するという復讐を始めます。近年、インターネットやSNSで簡単に人とつながってコミュニケーションが取れるようになり、実際に会って目を見て人と向き合うことがより難しくなっているな、と痛感しています。簡単につながれてしまうからこそ、便利なツールをどう活用し、どんな言葉を選ぶかはとても大事で、その一つひとつに大きな責任があると思います。彼女の復讐を通して、身近な人との向き合い方を一緒に考えられる作品になることを願いつつ、その先にある、自分自身と向き合うことの大切さを感じていただけるよう、誠心誠意、丁寧に演じていきます。



■野村周平(奥田大輔役)

僕は茜の夫役、奥田大輔を演じます。まず台本を読んで、すごくインパクトのある作品だなと思いました。僕が演じる役は非常にひどい男なのですが、やるからには思いっきりやってやろうと思っております。お話の構成がなかなか見たことのないような組み立ての作品で、見ていて怖くなってしまうかもしれませんが、フィクションであるということをしっかりと理解していただきながら楽しんでもらえればと思います。これから撮影が始まっていく中で、大変な作品なのでいろいろあると思いますが馬場さんと一緒に頑張っていきます!よろしくお願いします。
カテゴリ