「インドネシアの納豆」と呼ばれるスーパーフード「nattojanese」が登場

「インドネシアの納豆」と呼ばれるスーパーフード「nattojanese」が登場


発酵食品の開発を中心とした事業を展開する「hakko project」は、11月30日(水)より、インドネシアの伝統的な大豆発酵食品「テンペ」を日本人の口に合うように開発した新商品「nattojanese(ナットージャネーゼ)」のオンライン販売を開始する。

1週間で達成率200%を超える話題のプロジェクト


「nattojanese」の発売に先立ち開始したクラウドファンディングでは、11月4日(金)の開始初日で目標額を達成し、1週間で達成率200%を超える話題のプロジェクトとなっている。

1日に必要な食物繊維の約半分、たんぱく質の約1/3を摂取可能



同社によると、「nattojanese」は、インドネシアの伝統的な大豆発酵食品「テンペ」を本場インドネシアの「テンペ」よりも早い段階で発酵を止めることで日本人の口に合うように開発したもので、1パック(120g)で成人が1日に必要な食物繊維の約半分、たんぱく質の約3分の1を摂取することが可能だという。同商品は、大豆由来の植物性たんぱく質でコレステロールもゼロとのこと。

幅広い人が食べることのできる食材


また、動物性食材・添加物不使用、グルテンフリーであるため、ヴィーガンやベジタリアンの人、グルテン不耐症の人をはじめ、ダイエット中の人、食事制限をされている人などにも食べることができる。

「テンペ」は、蒸した大豆に菌を塗して発酵させる工程が納豆に似ていることから「インドネシアの納豆」と呼ばれることもあるが、納豆のようなにおいや粘りはない。

様々な料理にも



「nattojanese」は、初めて「テンペ」を試す人や、納豆が苦手な人にも食べやすいよう、さらにクセのない味に仕上げたそうだ。唐揚げや照り焼きをはじめ、サラダや麺類など幅広い料理に利用できる。

hakko project代表のコメント



「hakko project」代表・高橋晴香氏は、『テンペは、インドネシアで古くから親しまれてきた大豆発酵食品です。まだまだ日本ではなじみが薄く、大豆発酵食品といえば「納豆」をまず思い浮かべる方が多いと思います。そんな知名度バツグンの納豆のようにいつかなりたい!という思いから、大先輩の名前をちょっと拝借して、私たちの商品を「ナットージャネーゼ」と名付けました。

「ナットージャネーゼ」は、秋田県産大豆「リュウホウ」とテンペ菌、少量の米粉のみでできた100%Made in Japanのテンペです。安心安全な日本の食材とインドネシアの伝統的な製法で作られています。国産大豆なので、もちろん遺伝子組み換えなしで、添加物も一切使っていません。

これから、より多く方々に「ナットージャネーゼ」を知っていただき、テンペのおいしさを日本中に伝えていきたいと思います。ぜひ一度、お召し上がりください!』とコメント。

「CAMPFIRE」にて、1週間で達成率200%を超える話題のプロジェクトとなった、「nattojanese」を試してみては。

■nattojanese
販売開始日:11月30日(水)
nattojanese公式オンラインサイト:https://nattojanese.base.shop/

CAMPFIRE:https://camp-fire.jp/
プロジェクト名:体とココロと地球に優しい次世代のスーパーフードで 日本をハッピーに!

(角谷良平)
カテゴリ