2023年の手帳はもう決まった?月のモチーフからそっと光が差し込む「booco」のダイアリーに一目惚れ


ステーショナリーブランド・booco(ボッコ)から、2023年向けのダイアリーが登場しました。



月や空をイメージした表紙や、無地の表紙を自由にデコレーションできる、2シリーズの手帳がラインナップ。



来年に向けた準備を、そろそろスタートしてみませんか?



月のシルエットからそっと光が差し込む「booco 2023 Diary」



ステーショナリーブランドboccoの手帳「booco 2023 Diary」



boocoは、北海道・札幌市にある製本会社が手掛けるステーショナリーブランド。



そんなboocoから“本のようなダイアリー”をコンセプトに誕生したのが、「booco 2023 Diary」(税込3190円)です。



ステーショナリーブランドboccoの手帳「booco 2023 Diary」



しっかりとしたハードカバーに包まれたダイアリーは、おしゃれな単行本を思わせるようなデザイン。



表紙には、月をモチーフにした抜き加工が施され、そこからさす光が、手帳を書く時間をやさしく照らしてくれそうですよ。



カラーは空色をモチーフにした、藍空(あいぞら) / 茜空(あかねぞら) / 菫空(すみれぞら)の3色展開。



製本会社らしい遊び心のある手帳で、日々のスケジュールを丁寧につづってみてはいかがでしょうか?



2023年にチャレンジしたいことを書き記そう



ステーショナリーブランドboccoの、「booco 2023 Diary」週間ブロックページ



「booco 2023 Diary」は、240ページにわたるボリューミーな仕様。月ごとのスケジュールを書き込める『月間ブロック』の他、週ごとの『週間ブロック』なども用意されています。



また、『Wish List2023』や『To Do List100』なども備わっているので、2023年をどんな風に過ごしたいか想像しながら、それらを書き込んでいくのも楽しそう!



表紙を自由にデコれる「凸(デコ)Diary 2023」も必見



ステーショナリーブランドboccoの「凸(デコ)Diary 2023」



オンリーワンなデザインの手帳をお探しの方には、ステッカーなどで表紙を彩れる「凸(デコ)Diary 2023」(税込3190円)がおすすめですよ。



写真や手書きラインなどを加えて、自由に表紙をアレンジしてみてくださいね。



booco 公式オンラインストア

https://booco-ibb.stores.jp/



カテゴリ