松坂桃李、チャップリンの名言引き合いにスピーチ 佐藤二朗の無茶ぶりもぶっちゃけ

松坂桃李、チャップリンの名言引き合いにスピーチ 佐藤二朗の無茶ぶりもぶっちゃけ

 俳優の松坂桃李が26日、都内で行われた『第14回TAMA映画賞』授賞式に出席。最優秀男優賞に輝いた松坂だが、冒頭のスピーチでは「先ほど、舞台袖で(同じく最優秀男優賞に輝いた)佐藤二朗さんが『オレがしゃべりやすいように、場を柔らかくしろ』と言われて、もともとしゃべることを考えていたんですけど、今何をしゃべったらいいかわからなくなっちゃったんですけど」と笑いを交えてあいさつした。



【写真】横浜流星、広瀬すずらも登壇した授賞式



 舞台袖の佐藤から「バラすなよ」との声も飛ぶ中、松坂は「昔ですね、チャップリンが『あなたのベストアクトはなんですか』という質問に対して『僕のベストは常に次だ』と答えていた。僕もいつかそういうことを言えるように慣れたらいいなと思っていました。チャップリンほど、遠く及ばないですけど、『流浪の月』に関しては、間違いなく、僕の中のベストだと思っています」と胸を張った。



 続けて「そういうふうに言えるくらい、今回自分の中ですべてを出し切ろうと、僕自身の中で勝負の作品だなと思っていたので、受賞することができて本当にうれしいです。何より監督、広瀬(すず)さん、キャストの方々、スタッフの方々のおかげでこうしてここに立つことができています。本当にありがとうございました」と思いを伝えた。



 役作りの上で、減量にも挑戦したが「役柄上、監督とお話して、体のライン、見た目とすると、もうちょっと絞った方がいいかもねと話をしまして。食生活を改善しつつ、現場に挑ませていただきました。クランクアップした日に、監督が2人でご飯を食べに行こうかと、連れて行ってくれたんです。その時、胃袋が小さくなっていたので、おかゆから頼んだんですけど、今でも忘れられないくらい、本当においしくて」と熱弁をふるっていった。



 今後については「兄弟モノって、そんなにやらせていただいたことがないなと。年の離れた兄弟でもいいのですが、ハートフルコメディチックな作品があれば、ぜひ呼んでいただきたい」とアピールしていた。



■『第14回TAMA映画賞』

【最優秀作品賞】

深田晃司監督、及びスタッフ・キャスト一同(『LOVE LIFE』)

吉野耕平監督、及びスタッフ・キャスト一同(『ハケンアニメ!』)



【特別賞】

芦田愛菜、宮本信子、及びスタッフ・キャスト一同(年齢差を超えた二人の友情を越えた関係が、前に踏み出せないでいる私たちの背中を押してくれた『メタモルフォーゼの縁側』に対して)

小林啓一監督、及びスタッフ・キャスト一同(“恋とは何か?”という哲学的なテーマを扱いながら作品世界を何度も体験したくなる多幸感に浸れる『恋は光』に対して)



【最優秀男優賞】

佐藤二朗(『さがす』『truth 姦しき弔いの果て』『バイオレンスアクション』)

松坂桃李(『流浪の月』)



【最優秀女優賞】

倍賞千恵子(『PLAN75』)

広瀬すず(『流浪の月』)



【最優秀新進監督賞】

片山慎三(『さがす』)

森井勇佑(『こちらあみ子』)



【最優秀新進男優賞】

磯村勇斗(『ビリーバーズ』『PLAN 75』『異動辞令は音楽隊!』『さかなのこ』『前科者』『彼女が好きなものは』『ホリック xxxHOLiC』『劇場版 きのう何食べた?』『MIRRORLIAR FILMS Season3』)

横浜流星(『流浪の月』『アキラとあきら』『嘘喰い』『あなたの番です 劇場版』『DIVOC-12』)



【最優秀新進女優賞】

河合優実(『PLAN 75』『愛なのに』『ちょっと思い出しただけ』『女子高生に殺されたい』『百花』『冬薔薇』『偽りのないhappy end』)

伊東蒼(『さがす』『恋は光』『MIRRORLIAR FILMS Season4』)
カテゴリ