新海誠、神木隆之介との意外な交流明かす 不安で眠れない時に「駆けつけてくれて…」

新海誠、神木隆之介との意外な交流明かす 不安で眠れない時に「駆けつけてくれて…」

 新海誠監督(49)が28日、都内で行われたアニメ映画『すずめの戸締まり』御礼“お返し申す”舞台あいさつに、SixTONES・松村北斗(27)、原菜乃華(19)、山根あん(8)とともに登場。新海監督が、本作に声優として出演する神木隆之介とのプライベートでの交流を明かした。



【写真】あんちゃんからのべた褒めにデレる松村北斗



 『君の名は。』(2016年)、『天気の子』(19年)に続く、新海監督の3年ぶりとなる最新作。ヒロイン・岩戸鈴芽(すずめ/CV:原)と「閉じ師」の宗像草太(CV:松村)が出会い、協力しながら全国各地の“戸締まり”の旅を繰り広げていく冒険を描く。山根は謎めいた白猫・ダイジンを演じる。



 イベントでは、このために寄せられた1万以上の中から選ばれた質問にキャストが回答することに。その最後には、草太(松村)の友人・芹澤朋也を演じている神木から、ペンネーム:芹澤朋也として「神木隆之介のことをどう思いますか」と質問が到着。



 新海監督は、神木と初めて会ったという映画『君の名は』のときのアフレコ時を振り返り「『3月のライオン』という映画と並行してやっていたから、すごく疲れていて、アフレコとアフレコの合間に、よく寝ていたのを思い出しました」と印象的なエピソードを明かし、「底の知れなさがある」と語った。



 また、本作で演じる芹澤と「不器用な友情の示し方」が似ていると言い「映画公開後に反響が心配で、夜うまく眠れなかったときに、たまたま神木くんに連絡をとっていて。一人で飲んでいると伝えたら駆けつけてくれて、2時間くらい一緒にカウンターで過ごしました。神木くんは、となりでラーメン食べていたけど(笑)」とプライベートでの意外な交流を明かしていた。
カテゴリ