米津玄師、「KICK BACK」が初週売上30.1万枚で「シングル」1位【オリコンランキング】

米津玄師、「KICK BACK」が初週売上30.1万枚で「シングル」1位【オリコンランキング】

 米津玄師の最新シングル「KICK BACK」が、初週30.1万枚を売り上げ、11月29日発表の最新「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得した。



【動画】米津玄師『チェンソーマン』OP「KICK BACK」MV



 米津の同ランキング1位獲得は、2018/11/12付「Flamingo/TEENAGE RIOT」、2021/6/28付「Pale Blue」に続く、通算3作目。なお、初週売上30万枚超えでシングル1位を獲得するのは、ソロアーティストで令和初【※1】となる。また、ソロアーティストの初週売上30万枚超えは、令和では米津玄師の2作のみが達成しており、米津玄師「馬と鹿」(2019/9/23付、2位)と本作「KICK BACK」のみ。さらに、令和におけるソロアーティストの初週売上TOP5【※2】を米津玄師の4作品が占めることとなった。



 「KICK BACK」は10月12日に先行配信され、10/24付「週間デジタルシングル(単曲)ランキング」と「週間ストリーミングランキング」でともに初登場1位を獲得し、デジタル2冠を達成している。



 表題曲は、テレビアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京ほか)のオープニングテーマとなっており、作詞・作曲を米津玄師、楽曲アレンジを常田大希(King Gnu/millennium parade)と共同で行い、モーニング娘。の楽曲「そうだ!We’re ALIVE」をサンプリングしたことでも話題となった。ジャケットは、米津玄師が描いたチェンソーマンのイラストが使用されており、「チェンソー盤」「映像盤」「通常盤」の3形態には、「恥ずかしくってしょうがねえ」と「KICK BACK -ANIME edit」が共通のカップリングとして収録されている。



 米津玄師は、全国11都市を巡るライブツアー『米津玄師 2023 TOUR / 空想』を、来年2023年4月から開催する予定。



【※1】令和は「2019/5/13付」よりスタート

【※2】令和におけるソロアーティストの初週売上TOP5(2022/12/5付現在)/1位:41.2万枚 米津玄師「馬と鹿」(2019/9/23付/2位)、2位:30.1万枚 米津玄師「KICK BACK」(2022/12/5付/1位)、3位:22.9万枚 米津玄師「M八七」(2022/5/30付/2位)、4位:20.4万枚 三浦春馬「Night Diver」(2020/9/7付/2位)、5位:15.6万枚 米津玄師「Pale Blue」(2021/6/28付/1位)



<クレジット:オリコン調べ(2022/12/5付:集計期間:2022年11月21日〜11月27日)>
カテゴリ