ティモシー・シャラメ主演、人喰いの若者たちを描いて賛否両論の問題作の公開が決定

ティモシー・シャラメ主演、人喰いの若者たちを描いて賛否両論の問題作の公開が決定

 今年の「第79回べネチア国際映画祭」で監督賞と新人俳優賞をW受賞した、



【画像】ティモシー・シャラメの主な出演作品



ティモシー・シャラメ主演、ルカ・グァダニーノ監督最新作『ボーンズ アンド オール』(原題:BONES AND ALL)が、2023年2月17日より日本で公開されることが決定した。



 17歳と24歳の青年の生涯忘れられない恋の痛みと喜びを描きアカデミー賞脚色賞に輝いた『君の名前で僕を呼んで』(17年)のティモシー・シャラメとルカ・グァダニーノ監督が再タッグを組んだ本作は、禁断の純愛ホラー。社会の片隅で生きる二人の男女が抱える秘密。それは生きるため本能的に人を喰べてしまうこと。同じ秘密を分かち合う二人の逃避行の先に待つ世界とは…。



 べネチア国際映画祭で初披露されると、その衝撃の描写に「誰も見たことがない純愛ホラーの誕生」(The Hollywood Reporter)、「贅沢でとんでもない映画」(THE GUARDIAN)といった絶賛と驚愕が入り混じったレビューが続出。世界中で賛否を生んだ問題作だ。



 人を喰べる衝動を抑えられないリーを演じるティモシー・シャラメは、21歳の時に『君の名前で僕を呼んで』で第90回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、一躍トップ俳優の仲間入りを果たした。2023年は、本作以外に、『Wonka』、『DUNE:Part Two』(原題)など、超大作への出演が続く“ハリウッドで最も人気のある”若手俳優だ。そのファッションセンスや言動からZ世代スタイルアイコンとしても注目を集め、本作ではプロデューサーデビューも果たしている。



 リーと運命的な出会いを果たすマレンを演じるのは、『WAVES/ウェイブス』で注目されたテイラー・ラッセル。存在感あふれる演技でべネチア国際映画祭の新人俳優賞を受賞した。



 さらに、クリストファー・ノーラン監督作『ダンケルク』やスティーブン・スピルバーグ作品の常連であるアカデミー賞俳優マーク・ライランスが物語の鍵を握る人物を怪演する。
カテゴリ