“ヒップホップ界の女帝”Awich、ハブ酒をプロデュース 沖縄の文化を広める第一歩に

“ヒップホップ界の女帝”Awich、ハブ酒をプロデュース 沖縄の文化を広める第一歩に

 「ヒップホップ界の女帝」と呼ばれている沖縄出身のラッパー・Awichが、13種類のハーブをブレンドしたハブ酒「HABUSH」のブランドディレクターを務め29日、都内で行われた試飲会に出席した。



【写真】ハブ酒「HABUSH」を笑顔で紹介するAwich



 沖縄の伝統的な薬膳酒である「ハブ酒」を、Awich自らプロデュース。経緯として「沖縄の出身で、たくさんの文化、自然資源だったり、世界に誇れるものがあるなと思っています。世界中の人から愛されているなと実感するのですが、もっともっと沖縄の文化を広める可能性を秘めているなと思っています。その第一歩として、私がこよなく愛しているハブ酒を通して、広めていけたら」と言葉に力を込めた。



 商品開発のこだわりとしては「ハブエキスとハーブエキスの独自ブレンド方法」「ハブの臭みを消すための丁寧な下処理とハーブの配合」「滋養強壮効果を高める13種類のハーブを配合」「中国漢方の理論を参考に、泡盛に浸漬してエキスを抽出」などが挙げられ、試飲会では、実際に乾杯する一幕も。Awichも「体の芯からポカポカする感じがわかると思います」と笑顔で呼びかけていた。



 同商品は、12月4日の正午より公式サイトで、数量限定で販売される。
カテゴリ