鬼越トマホーク、著書の発表会に取材陣集まらず疑心暗鬼「水ダウのスタッフさんがいた気がする」

鬼越トマホーク、著書の発表会に取材陣集まらず疑心暗鬼「水ダウのスタッフさんがいた気がする」

 お笑いコンビ・鬼越トマホークが29日、東京・渋谷TSUTAYAにて『[日めくり]まいにち、うるせえなぁ!-ビジネス編-』の出版記念サイン&撮影会を開催。2人は報道陣の取材にも応じ、自身初の日めくりブックをアピールした。



【写真】熱いキスを交わした鬼越トマホーク



 元気よく登壇した2人は、リアクションが薄めの報道陣を前にして「謝罪会見みたいな雰囲気」といい、思わず頭を下げる。そして、会場を見渡しながら「いつもの『お笑いナタリー』すら来ていない」となげき、「ここに来ている人もエキストラか、ドッキリじゃないか」「さっきそこに『水曜日のダウンタウン』のスタッフさんがいたような気がする」とそろって疑心暗鬼に陥っていた。



 MCが仕切り直し、質問をスタート。完成した同書の感想を聞かれると、坂井良多は「オシャレ」と率直に述べ、相方の金ちゃんも「上出来でしょ」とにっこり。金ちゃんは「LINEスタンプも一緒に出してもらって、全体的にポップというか。珍しく嫌味っぽくない仕上がりになりました」と自信を見せた。すると坂井は、「あとは僕らがノルマを達成するだけ」と語り、「ここは大きく出たい。(LINEスタンプの売上目標は)なかやまきんに君超え」と力強く宣言した。



 しかしその後、「こんな雨の中でお客さんが来るのか」という一言から疑心が再燃。「最初はきょうのサイン会も9枚しか売れなかった」と明かし、結果的に定員の100枚を売り切ったものの「NSCからの“動員”じゃないか」と眉をひそめていた。



 最後に坂井は、「正直に言うと、こんなショーレースも全然ダメだし、人の足を引っ張ったり、悪口を言ったりしているどうしようもない芸人の日めくりカレンダーを出していただき、取材していただき、買っていただき、本当にありがとうございます」と感謝し、「芸人内文春としてこれからもがんばっていきます」と謎の誓いを立てた。



 一方の金ちゃんは、「僕らがLINEスタンプを作りたいと言い出したところからスタートしました。そのワガママを聞いてくれて、利益を考えずに本とスタンプを出してくれたよしもとには、足を向けて寝られない。僕たち鬼越トマホークは吉本興業を一生やめません。これからも一生吉本の犬として働き続けます!」と高らかに宣言し、取材会を締めくくった。
カテゴリ