『JC・JK流行語大賞2022』発表、ヒト部門1位「IVE」2位「目黒蓮」 モノ部門は「ちいかわ」

『JC・JK流行語大賞2022』発表、ヒト部門1位「IVE」2位「目黒蓮」 モノ部門は「ちいかわ」

 2022年に女子中高生の間ではやったものをランキング化した『JC・JK流行語大賞2022』が、29日午後8時から配信されたABEMA『全国10代投稿バラエティ みんなのアップちゃん』の番組内で発表された。



【番組カット】大流行したポーズで盛り上がる西洸人&松田迅



 全国のJC・JKのトレンドリーダー集団「JC・JK調査隊」が、テレビ、雑誌、SNSなどのメディアで取り上げられた流行の中から、“モノ・ヒト・コトバ・バショ”の4部門に分け、独自に注目度を算出してランキング化。番組では4部門のトップ5が紹介された。



 同番組は、YouTuberのパパラピーズがMCを務め、スペシャルゲストにはINIの西洸人と松田迅、ゲストには白倉真珠、新山もあが登場。全国の10代から寄せられた投稿動画を楽しみ、今年のトレンドを振り返った。ABCテレビ(関西ローカル)でも、12月1日深夜1時44分から放送。



■モノ部門

イラストレーターのナガノ氏がSNSに投稿する漫画のキャラクターが話題となり、グッズやアニメ化が大人気となった「ちいかわ」が1位に輝いた。人間味あふれるキャラクターや日常の何気ないやりとりが共感を集めた。



1位:ちいかわ

2位:アームウォーマー

3位:silent

4位:リーナ・ベル

5位:ネームボード



■ヒト部門

昨年12月に韓国でデビューし、今年10月に日本上陸、デビュー2ヶ月で紅白初出場を果たしたアイドルグループ「IVE」が1位に輝いた。また、人気グループ・Snow Manのメンバーでドラマ『silent』に出演中の「目黒蓮」が2位に入った。



1位:IVE

2位:目黒蓮

3位:壱百満天原サロメ

4位:XG

5位:おさき



■コトバ部門

「Year2000」の略で、JC・JKに流行った2000年代のファッションを表すコトバ「Y2K」が1位を獲得。ネットスラング「尊い」がなまった「てぇてぇ」が2位にランクインした。



1位:Y2K

2位:てぇてぇ

3位:片思いハート

4位:純欲メイク

5位:粘土加工



■バショ部門

スタジオジブリが手がける公園施設で、11月にオープンしたばかりの「ジブリパーク」が1位となった。カプセルトイ人気の高まりから、機械が約3000面も設置されている「ガシャポンのデパート」が2位となった。



1位:ジブリパーク

2位:ガシャポンのデパート

3位:ちいかわランド

4位:ミヤシタパーク

4位:証明写真機
カテゴリ