【ディズニープラス】三池崇史監督&韓国人気俳優「コネクトできた」

【ディズニープラス】三池崇史監督&韓国人気俳優「コネクトできた」

 シンガポールで開催中の「ディズニー・コンテンツ・ショーケース 2022」で1日、三池崇史監督と韓国オールスターキャスト&スタッフによる韓国ドラマ『コネクト』の記者会見が行われた。主演を務めたチョン・へインは「現場で監督と“コネクト”できていたと思う」と国や言葉の壁を越えた手応えを口にした。



【動画】韓国ドラマ『コネクト』予告編



 韓国のWEBトゥーンを実写化した同ドラマは、自分の人生を取り戻すことを決意した男の戦いを描くクライムSFスリラー。突然、臓器売買組織に誘拐され、眼を奪われてしまった主人公のハ・ドンスは、実は不死身の新しい人種“コネクト”で、移植された人物の視覚をもつようになる。しかし、その眼の持ち主は、ソウルの住民を脅かす連続殺人犯だった。ドンスは、奪われた眼を取り戻すため、あらゆる手を使って殺人鬼を追い続ける。



 会見には、三池監督、チョン・へインに加え、連続殺人犯オ・ジンソプ役のコ・ギョンピョ、謎多きイラン役のキム・ヘジュンが出席した。



 これまで、映画『十三人の刺客』『藁の楯』『悪の教典』『殺し屋1』などのクライムアクション、ホラーをはじめ、多岐にわたるジャンルで多くの作品を世に送り出し、ベネチア国際映画祭、カンヌ国際映画祭などにも参加して、韓国の映画業界にもその名が知れ渡っている三池監督。今回、韓国の製作陣が依頼され、監督を引き受けたのは「運命だと思っています」と語った。



 さらに、韓国の人気俳優たちとのコラボレーションについては、「韓国作品のファンなのですが、韓国の俳優と日本の俳優、何が違うんだろう、というのを確かめに行った現場でもあった。根本的にパッション(情熱)、人間としてのエネルギー、パワーが韓国の俳優の方が強い。演技力を越えた、役者にとって大事なものを皆さんもっていると感じました」と、敬意を表した。



 チョン・へインは「現場で監督と“コネクト”できていたと思う。監督も同じこと考えているなとシンパシーを感じることができて、楽しい体験でした」と語り、三池監督との再タッグも「準備できています」と話した。



 本作で、連続殺人犯のコ・ギョンピョは、サイコパスにありがちな冷徹で痩せているイメージではなく、ふくよかなサイコパスを演じている。三池監督は「カメラが回っている時と、回っていない時のギャップがすごい。エネルギッシュな非常に愛すべき、尊敬すべき俳優でした」とコメント。



 コ・ギョンピョは「以前から監督の熱烈なファンでした。僕のことをエネルギッシュとおっしゃってくださいましたが、監督のパッションに触れて元気出せました。思いやりのある方ですし、ダメなところダメと言ってくれる、理想の監督像に近い方だと思います。ダイエットに失敗してしまったことはお詫びしますが、かわいがっていただきました。見た目はともかく、役にはまろうと頑張りましたので、新しいタイプのサイコパス像を作れたのではないかと思います。『アナと雪の女王』のオラフのような見た目のサイコパス。意外性があっていいのではないでしょうか」と手応えを語った。



 キム・ヘジュンは、三池監督自らアクション指導してくれたことが印象に残っているという。「先輩たちがおっしゃってくださったように、監督からエネルギーをもらいました。アクションで困っていた時、監督がお手本を示してくれて、それをお手本にしたのですが、監督はダウンジャケットを着ていて動きにくいはずなのに素早いアクションを見せてくれて、監督の半分しかついていけなかったので、悔しかったです」と話していた。



 三池監督は「この作品のテーマは、ある個性を持った人の、人と違うことへのコンプレックスみたいなものからくる孤独と、そのコンプレックスを生かして人にはできないことをやって生きていくドラマでもあります。ハラハラドキドキしながら物語を追いかけて、並行してある人間ドラマを観てもらいたい」と作品をアピールしていた。
カテゴリ