若林、推しチームの不調でツッコミ厳しめ? 春日に詰め寄る「予想裏切るお笑いをやったことがあるか?」

若林、推しチームの不調でツッコミ厳しめ? 春日に詰め寄る「予想裏切るお笑いをやったことがあるか?」

 お笑いコンビ・オードリー(若林正恭、春日俊彰)が司会、浦野モモアナがアシスタントを務める日本テレビ系『オードリーのNFL倶楽部』が、1日深夜に放送された。若林は、応援するチームが敗れて機嫌が悪く、春日にもいつも以上に厳しいツッコミを入れていた。



【番組カット】若林が復活!春日と笑顔でトーク



 若林が応援するアリゾナ・カーディナルスは、第12週に黒星を喫して2連敗。4勝8敗でプレーオフ争いに黄信号が灯り始めてきた。そのためか、若林のうっ憤がたまりにたまっている。YouTube版オフトークでは、この日の影アナを務めた弘竜太郎アナウンサーに対して、目指している宇宙飛行士のその後の過程について自ら話を振ると、弘アナは不合格だったが延々としゃべり続け、しまいには浦野モモアナウンサーも引き込み、この会話に入る始末となった。



 アメフトに無関係の話を冒頭から3分以上しゃべり続けた2人に対して、若林は堪忍袋の緒が切れたのか「俺たちはアメフトが好きなのでアメフトの話をしてもらっていい?振ったのは俺だけど、思ったより尺が長いな」と笑いを交えてチクリ。これが呼び水となり、若林のツッコミが勢いを増していく。



 自身のコーナーでは、春日にピリピリした。今週の熱視線は、ランニングバックのランと見せかけて、タイトエンドのジェットスイープだったプレーについて深掘りしたが、若林は、「(アメフトは)お笑いに似ているよね。予想させておいて裏切る」と例えると、春日が「う~ん」と同意した。



 すると若林が「う~ん、じゃないよ!お前が予想させておいて裏切るというお笑いをやったことがあるか?」と詰め寄り、「見たことはあるけど、やったことはない」と笑ってごまかす春日に対して、「笑い事じゃないよ!ランと思わせてゴリゴリのランは見たことがある。ラインを引きずりながらのタッチダウンは見たことがあってそれはあっぱれだけど、予想させて裏切るのは見たことがない」とツッコんでいた。



 「カーディナルスが負けて機嫌が悪いからね」と自らも認めていた若林。NFLは残り5週で、カーディナルスは全勝しても地区優勝はおろか、プレーオフ進出も難しい危険水域に入っている。カーディナルスは第13週がバイウィークで試合はなし。1週置いて、若林の機嫌にも注目が集まる。



 番組の模様は「TVer」で見逃し配信スタート。1週間視聴可能で、毎週金曜の午後5時に最新話に更新される。YouTubeの公式チャンネルでも、本編収録後のオードリーの本音や、過去の秘蔵映像などを随時公開していく。
カテゴリ