JO1『MAMA』日本グループ唯一の受賞に感謝「感極まってしまって」

JO1『MAMA』日本グループ唯一の受賞に感謝「感極まってしまって」

 11人組グローバルボーイズグループ・JO1が、11月29・30日に大阪・京セラドーム大阪で開催された世界最大級のK-POP音楽授賞式『2022 MAMA AWARDS』で、「FAVORITE ASIAN ARTIST」を受賞した。日本のグループとしては今年度唯一の受賞となり、30日深夜放送の『JO1のオールナイトニッポンX(クロス)』でJAM(JO1ファンネームの総称)と喜びを分かち合った。



【写真】『MAMA』で「FAVORITE ASIAN ARTIST」を受賞、レッドカーペットも



 11月29日の『MAMA AWARDS』初日に登場したJO1は、弦楽オーケストラ演奏の特別バージョンで、「SuperCali(MAMA ver.)」を披露。ファントムマスク姿のオケとダンサーも登場するなど、荘厳な雰囲気の中、洗練された高速シンクロダンスとボーカルで観客と配信視聴者を魅了した。



 各賞の受賞者が発表されるなか、JO1は「FAVORITE ASIAN ARTIST」を受賞。メンバーを代表し、リーダーの與那城奨は「ありがとうございます。びっくりしすぎて言葉にできないのですが、こうやってすてきな賞をいただいたのもJAMの皆さんのおかげですし、今まで支えてくださった日本と韓国のスタッフの皆さま全員のおかげだと思っています」と、涙ぐみながら気持ちを伝え、メンバーたちも肩を抱き寄せながら共に喜びを爆発させた。



 受賞から一夜明けた11月30日深夜放送のニッポン放送『JO1のオールナイトニッポンX(クロス)』に生出演した白岩瑠姫、木全翔也、與那城奨の3人は、『MAMA AWARDS』についてトーク。與那城は「まさか(名前を)呼ばれるなんてっていう。頭をフル回転させるんだけれど、やっぱり興奮してるから」「感極まってしまって、あの時は。うれしかったし、驚きも大きかった」と振り返った。



 木全は「いざお客さんを前にして、特別バージョンのパフォーマンスを披露して、自分が憧れていたステージに今立っているんだな」と実感したといい、白岩は、授賞式で名前を呼ばれる直前のプレゼンターの説明で「ファンとの絆」「団結力」といったワードが出てきたときに、「もしかして…」と受賞を予想していたことなどを話した。

カテゴリ