黒羽麻璃央「この作品に出会えたことに感謝」 主演映画『生きててごめんなさい』特報解禁

黒羽麻璃央「この作品に出会えたことに感謝」 主演映画『生きててごめんなさい』特報解禁

 映画『余命10年』などの映画監督・藤井道人がプロデュースする、黒羽麻璃央主演の映画『生きててごめんなさい』(2023年2月3日公開)の特報が公開された。



【動画】映画『生きててごめんなさい』特報



 同映画の監督を務めるのは、藤井監督の下で多くの作品に携り、綾野剛主演のドラマ『アバランチ』で藤井とともに演出を担当した山口健人。2人のクリエーターがタッグを組み、現代の日本の若者たちが抱える「病み」を鋭い視点で描く。



 出版社の編集部で働く園田修一(黒羽)は清川莉奈(穂志もえか)と出逢い、同棲生活をしている。修一は小説家になるという夢を抱いていたが、日々の仕事に追われ、あきらめかけていた。莉奈は何をやっても上手くいかず、いくつもアルバイトをクビになり、家で独り過ごすことが多かった。



 ある日、修一は高校の先輩で大手出版社の編集者・相澤今日子(松井玲奈)と再会し、相澤の務める出版社の新人賞にエントリーすることになる。一方、自身の出版社でも売れっ子コメンテーター・西川洋一(安井順平)を担当することになるが、西川の編集担当に原稿をすべて書かせるやり方に戸惑う。修一は全く小説の執筆に時間がさけなくなり焦り始める。



 そんな中、莉奈はふとしたきっかけで西川の目に止まり、修一と共に出版社で働くこととなる。西川も出版社の皆も莉奈をちやほやする光景に修一は嫉妬心が沸々と湧き、莉奈に対して態度が冷たくなっていく。いつしか、喧嘩が絶えなくなっていく。



 一癖ある難しい役どころに挑戦した黒羽と、出演したアメリカのテレビシリーズ『SHOGUN』の放送が控えるヒロイン役の穂志からコメントも到着した。



■黒羽麻璃央(園田修一役)のコメント



 今回、園田修一という役を与えていただき、短いながらも彼の時間を生きさせていただけたこと、すごく貴重な時間でした。決して派手な彼の人生ではないけど、希望、幸せ、不穏、不満、悩み、挙げ出したらキリがない程の感情に襲われる日々でした。山口監督、莉奈役の穂志さんはじめスタッフの皆様、共演者の皆様にたくさん助けてもらいながらできた作品です。この作品に出会えたことに感謝しております。どこか生きづらい今のこの世の中、気がつくと、そう思う事自体にも自分自身で蓋をして生きてたかもしれません。『生きててごめんなさい』観てくださった方々に何か刺さってくれたらいいな。



■穂志もえか(清川莉奈役)のコメント



 努力しても周りと足並みを揃えられなかった経験や、世間のジャッジにより、途方もない窮屈さとあきらめを感じている莉奈を、自分との境界線が曖昧(あいまい)になるほどがむしゃらに没頭して駆け抜けました。それはそれは苦しくてつらくて、でも修一だけには支えてほしかったです。好きだからです。なぜ彼女がこうなってしまっているのか、彼女にしかできないこともあるのではないか…等々、想像して寄り添っていただけたらとてもうれしいです。不器用な二人と私たちを取り囲む個性的な人間たちに会いに来てください!

カテゴリ