『ギーツ』×『リバイス』追加キャスト解禁 “最強のデザ神”仮面ライダーシーカーに大貫勇輔 コラス役は池田鉄洋

『ギーツ』×『リバイス』追加キャスト解禁 “最強のデザ神”仮面ライダーシーカーに大貫勇輔 コラス役は池田鉄洋

 今年8月までテレビ朝日系で放送された仮面ライダー50周年記念作品『仮面ライダーリバイス』、そして現在放送中の最新作『仮面ライダーギーツ』という2つの作品がクロスオーバーする劇場版最新作『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』(12月23日公開)の追加キャストが発表された。



【動画】ジョージが“ブラック”&ツムリが“小悪魔”に 『ギーツ』×『リバイス』本予告映像



 今回新たに解禁されたのは、映画オリジナルのキャラクターであり、ギーツ、リバイスたちに立ちはだかる“最強の刺客”たち。暗躍する謎のゲームマスター・コラスの策略によって作り替えられたゲーム・デザイアロワイヤル。この最悪のゲームに巻き込まれたギーツ×リバイスの前に、最強のデザ神・仮面ライダーシーカーが立ちはだかる。無敗の仮面ライダー、“仮面ライダーシーカー”に変身する轟戒真を演じたのは、世界的ダンサーで俳優としても活躍する大貫勇輔。突如現れた最強のデザ神を名乗る戒真がバトルロワイヤルに参加し、ギーツ、リバイスたちを窮地に追い込む“最強の刺客”に扮する。



 『仮面ライダー』作品は本作で初参加となる大貫は「今年、子どもが生まれ、仮面ライダーに出たいと熱望しているときに今回のお話をいただき、本当にうれしかったです」とオファー時の感想を語った。また、轟戒真に大きな影響を与える父・栄一を演じるのは、山崎一。その存在感を発揮し、厳かに演じ上げている。



 さらに謎のゲームマスター・コラス役を演じるのは名バイプレイヤーの池田鉄洋。最強の仮面ライダーたちを追い詰める最悪の敵として、物語において重要な役どころに扮する。池田は「仮面ライダーの現場は、長年やってきた!という誇りがあふれていて本当にスタッフの方々にほれぼれしました。僕は『仮面ライダーアマゾン』を子どものころに夢中で見ていて、この現場に入れたことを仮面ライダーを見ていた当時の私に自慢してやりたいですね」と回顧した。



 さらに突如現れた未確認生命体イザンギ、バリデロ役の声を演じるゲスト声優には、堀川りょう、神谷浩史が決定した。



■コメント

【大貫勇輔】

 今年、子どもが生まれ、仮面ライダーに出たいと熱望しているときに今回のお話をいただき、本当にうれしかったですし、非常にわくわくな現場でした。さらに今回の映画に20周年記念で出演する『仮面ライダー龍騎』は、僕はちょうど世代で興奮しましたし、現場では緊張とともに「本物だ!」と子どもに戻ったような気分になりました。私が演じる轟戒真/仮面ライダーシーカーは、ギーツたちに立ちはだかる強敵です。スタッフの皆さんの力を借りて、戒真が戦いに身を投じるバックボーンであったり、かっこいい変身ポーズ、かっこいい仮面ライダーシーカーを考えました。仮面ライダーシーカーは僕にとって大好きな仮面ライダーになりましたので、演じさせていただき、僕はもう本当に幸せだなと思います。



【池田鉄洋】

 仮面ライダーの現場は、長年やってきた!という誇りがあふれていて本当にスタッフの方々にほれぼれしました。けれども全然排他的じゃなくて、みんないいもの作ろうっていう気持ちで常にいらっしゃるのがすごく心地良かったです。僕は仮面ライダーアマゾンを子どものころに夢中で見ていて、この現場に入れたことを仮面ライダーを見ていた当時の私に自慢してやりたいですね。「こうやって作ってたんだぞ、俺は現場を見たんだぞ」と。夢をかなえさせていただきました。私が演じるコラスという役は本当に不気味で、世界をもうガラッとひっくり返してやろうみたい悪いやつです。目の前の強い仮面ライダーたちには負けない、別の意味での強さ怖さのある不気味なコラス、悪い奴として本気で演じたのでぜひ皆さんコラスを思いっきり嫌ってください!
カテゴリ