榊原郁恵、夫・渡辺徹さんに「感謝しかない」 葬儀の棺には「山盛りのご飯」

榊原郁恵、夫・渡辺徹さんに「感謝しかない」 葬儀の棺には「山盛りのご飯」

 俳優・歌手の渡辺徹さん(享年61)が、11月28日に敗血症のため死去したことを受け、妻でタレント・榊原郁恵(63)と長男で俳優・渡辺裕太(33)が5日、都内で会見を行った。



【ノーカット動画】渡辺徹さんとの最後の会話明かす 榊原郁恵&渡辺裕太が会見



 2人がメディア対応するのは、渡辺さんの訃報が公表されてから初となる。榊原は「本日は足元が悪い中、そして世の中はサッカーの盛り上がっているなか、皆さんにお集まりいただいたこと、家族としてはすごくうれしいです。渡辺徹を話題にしてもらって、渡辺徹のことをああだこうだ言ってもらえてることは、家族はそれを見て、渡辺徹という人は偉大だったと思える瞬間だった」と、涙は見せず気丈に語った。



 渡辺さんとの結婚前は「依存したくない。私は自分の人生を自分で頑張るというタイプ」だった榊原だが、結婚生活を重ねるなかで「振り返ると、ともに生活してきてお互いに補い、お互いに助け合い、私もすごく頼っていたところもありました」と回想。天国の渡辺さんへのコメントを求められると「感謝しかない」としみじみ話した。



 同日に都内の祭場で家族葬が行われ、喪主を務めた裕太は「本日は父・渡辺徹のことで集まってくださって本当にありがとうございます。本日、家族葬にて葬儀・告別式を無事に執り行いました。父の生前、応援してくださった方、仲良くしてくださった方に本当に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます」と報告。報道陣から「棺の中に入れたものは?」と問われると、榊原は「山盛りのご飯」と明かし、笑いも誘っていた。



 渡辺さんが所属する文学座は、2日にサイト上で「訃報」を掲載。「11月20日(日)に発熱、腹痛等の症状が出たため都内の病院に受診したところ、細菌性胃腸炎の診断を受け直ちに入院いたしました。その後に敗血症と診断され、加療いたしましたが回復が叶いませんでした」と経緯をつづり、「生前に賜りましたご厚誼に深く感謝するとともに、ここに謹んでお知らせ申し上げます」と報告した。



 渡辺さんは1961年5月12日生まれ、茨城県出身。81年『太陽にほえろ!』ラガー(竹本淳二)役でデビュー。『風の中のあいつ』『気になるあいつ』主演をはじめ多数のドラマ・映画・舞台に出演し、NHK大河ドラマや連続テレビ小説でも複数の役柄で存在感を示した。バラエティー番組などでも活躍したほか、声を生かして吹き替えやナレーションも務めた。

カテゴリ