【北海道】「ESSEふるさとグランプリ2022」大賞は別海町の「いくら」。バターと鹿肉も受賞

【北海道】「ESSEふるさとグランプリ2022」大賞は別海町の「いくら」。バターと鹿肉も受賞


ふるさと納税返礼品の全国コンテスト「ESSEふるさとグランプリ2022」にて、北海道別海町のふるさと納税返礼品3点の受賞が決まった。

食品29品、4部門で評価


「ESSEふるさとグランプリ2022」は、女性誌「ESSE」が主催するふるさと納税の返礼品コンテスト。今年は、21自治体32品がエントリーし、老舗料亭「一の家」にて、試食とプレゼンテーションを実施した。


評価の際、エントリーした返礼品の中から食品29品を「魚介・水産加工品」「肉」「菓子・果物」「銘品」の4部門に分類。各回約20名の読者インフルエンサーが主婦目線で総合的に評価し、各賞を決定した。なお、詳細は12月2日(金)発売ESSE新春特大号に掲載されている。

総合グランプリは「いくら」



総合グランプリを受賞したのは、北海道・別海町の返礼品「北海道産・鮭いくら醤油漬け」。良質な鮭の産地として知られる別海町にて、地元原料を中心とした北海道産の鮭の卵をシンプルに味付けした醤油いくらだ。

試食会にて小丼として提供したところ「粒が大きくて、ぷちぷち感がたまらない」「イクラ本来の濃厚な味が美味」など絶賛の嵐が。

また、鮭資源の回復に向けた取り組みなども紹介したところ「鮭漁師を応援したい」といった声もあり、味はもちろん、自然と共存するための地域の人々の取り組みも評価され、総合グランプリに輝いた。

銘品部門金賞は「バター」



銘品部門で金賞を受賞したのが「北海道 別海町産 べつかいのバター屋さん グラスバター」。フレッシュなミルクを使って丁寧に手作りされ、クセがなく口の中でスッと溶ける自然派のバターは「あまりにおいしくて、バターだけを食べたくなる」など審査員を魅了した。

また、同時に紹介した、牛乳の大量廃棄回避の取り組みも評価され、金賞を受賞したようだ。

肉部門銀賞は「鹿肉セット」



肉部門の銀賞に選ばれたのは「鹿肉 お楽しみ計1.2kg セット」。モモ300g・ホエーモモ300g・ロース300g・ホエーロース300gがセットになっており、自然豊かな別海町らしい鹿肉を様々に楽しめる逸品だ。

試食会では、ロースをしゃぶしゃぶで提供し、「臭みがまったくない」「ジビエは苦手でしたが、これはおいしい」などの評価を得た。加えて、生産者による自然環境を維持する中での鹿肉の有効活用の取り組みも評価されたようだ。

寄附金で多様な事業を推進中


別海町では、「ふるさと納税」寄附金をさまざまな事業を推進する資金として活用している。

例えば、酪農・水産及び商工観光等の振興発展及び地場産品等による商品開発に資する事業、子ども子育ての支援及び教育の充実に資する事業、高齢者及び障がい者の支援に資する事業、協働のまちづくりによる交流と移住定住など地方創生に資する事業などだ。

同町のふるさと納税返礼品の詳細と申込みは、各ふるさと納税ポータルサイトで確認を。同町のホームページでは、ふるさと納税ポータルサイト一覧を公開している。また、SNSでは、ふるさと納税に関する情報のほか町の魅力を発信中だ。

読者インフルエンサーが選んだ品々、気になる人はチェックしてみて。

別海町ホームページ:https://betsukai.jp/gyosei/furusato/
Twitter:https://twitter.com/furuBETSUKAI
Instagram:https://www.instagram.com/betsukai_cho/

(Higuchi)
カテゴリ