渡辺裕太「温かい家族」に感謝 父・渡辺徹さんの話で「一番笑ってるのは母でした」

渡辺裕太「温かい家族」に感謝 父・渡辺徹さんの話で「一番笑ってるのは母でした」

 俳優・歌手の渡辺徹さん(享年61)が、11月28日に敗血症のため死去したことを受け、長男で俳優・渡辺裕太(33)が母でタレント・榊原郁恵(63)とともに5日、都内で会見を行った。



【写真】喪服での会見でも…変わらぬ笑顔をみせた渡辺裕太&榊原郁恵



 会見前、都内の祭場で家族葬が行われ、裕太は喪主を務めた。大勢の報道陣を前に「本日は父・渡辺徹のことで集まってくださって本当にありがとうございます。本日、家族葬にて葬儀・告別式を無事に執り行いました」と報告し「父の生前、応援してくださった方、仲良くしてくださった方に本当に感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございます」と涙はみせず、気丈に振る舞った。



 父親との「最後の会話」については、それまで変わらぬ日常を送っていたために「特に覚えていない」とし、「僕は父が亡くなる2日前、3日前に初めて(入院していた)病院に行けた。今まで入院したこともありましたし、体調も悪くなっていた。またその感じかなと。でもだいぶ顔色が変わっていて、今までにないくらいしんどそうだった。その面会したときに初めて覚悟しましたね」と回想。



 その後は母・榊原とともに家族の思い出話に花を咲かせた。「どんな両親だった?」との問いに裕太は「他の夫婦を知らないですけど、普通だと思うんですよね。ただ父親は周りを楽しませるのが好きな人だったので母親は楽しそうでした。父親の話で一番笑ってるのは母でした。ツッコミ・ツッコまれもありましたし、もちろんケンカもありました。僕にとっては温かい家族でした」と微笑みながら話していた。



 渡辺さんが所属する文学座は、2日にサイト上で「訃報」を掲載。「11月20日(日)に発熱、腹痛等の症状が出たため都内の病院に受診したところ、細菌性胃腸炎の診断を受け直ちに入院いたしました。その後に敗血症と診断され、加療いたしましたが回復が叶いませんでした」と経緯をつづり、「生前に賜りましたご厚誼に深く感謝するとともに、ここに謹んでお知らせ申し上げます」と報告した。



 渡辺さんは1961年5月12日生まれ、茨城県出身。81年『太陽にほえろ!』ラガー(竹本淳二)役でデビュー。『風の中のあいつ』『気になるあいつ』主演をはじめ多数のドラマ・映画・舞台に出演し、NHK大河ドラマや連続テレビ小説でも複数の役柄で存在感を示した。バラエティー番組などでも活躍したほか、声を生かして吹き替えやナレーションも務めた。
カテゴリ