「渋谷区SDGs協会」が子ども食堂の支援のために、NFT作品を無料配布

「渋谷区SDGs協会」が子ども食堂の支援のために、NFT作品を無料配布

[caption id="attachment_801823" align="aligncenter"] 配布するNFT作品のサンプル[/caption]

「渋谷区SDGs協会」は、東京都渋谷区内で運営している「子ども食堂」を持続的なものとするために、NFTを活用したコミュニティの形成を図っていく。

SDGsアクションを加速


「渋谷区SDGs協会」は、3月に策定したビジョンで「渋谷区でSDGsの達成に向けて人・企業・団体がつながる拠点になる。」と定め、様々な活動を通してビジョン実現に向けた協会としてのSDGsアクションを加速させている。

渋谷センター街こども食堂を開始



6月からは、子どもたちにとってのサードプレイス提供やフードロスといった社会課題の解決にむけたアクションの一つとして、CMでもおなじみの宅配・冷凍お弁当「三ツ星ファーム」との連携で「渋谷センター街こども食堂」を開始。

1人でも多くの子どもが参加できるよう、渋谷センター街での実施に留まらず、周辺地域にも「子ども食堂」を広げ、2023年度中に5か所・30回程度の開設を目指すという。中高生も運営スタッフとして参加しており、ソーシャルな活動を体験する場となっている。

NFT作品が1個取得されるごと100円を寄付


「渋谷区SDGs協会」は、この活動を持続的なものとするために、NFTを活用したコミュニティの形成を図っていくという。

そのコミュニティ参加の証として、「渋谷区SDGs協会 オフィシャルNFT作品」の配布を行い、NFT作品が1個取得されるごとに「渋谷センター街子ども食堂」に100円を寄付する。誰もが参加可能な無料配布型のNFTを活用することで、時間や距離などの制限をも超え新たな繋がりを創り、「子ども食堂」への支援の輪を広げていきたいと考えているという。

これにより、SDGsアクションの可視化を図り、子ども達を中心としたコミュニティによる活動のさらなる活性化につなげていく。

なお「渋谷区SDGs協会 オフィシャルNFT作品」は「GMOアダム」が運営するNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」にて「渋谷区SDGs協会」のキッズアンバサダーらが描いたイラストをNFTとして無料で配布を開始。

「渋谷センター街こども食堂」の持続的なものとするために「渋谷区SDGs協会 オフィシャルNFT作品」を取得してみては。

渋谷区SDGs協会のキッズアンバサダーらが描いたイラストをNFTとして配布:https://adam.jp/airdrops/SDGs_Shibuyaku_01?aid=4009a9071b104f0fb8253640aeb7f560
Adam byGMO:https://adam.jp/

(角谷良平)
カテゴリ