『PICU』“親子”吉沢亮&大竹しのぶ、愛を伝え合う 9分半に及ぶシーンに視聴者涙「圧巻」「言葉の一つ一つが響きました」

『PICU』“親子”吉沢亮&大竹しのぶ、愛を伝え合う 9分半に及ぶシーンに視聴者涙「圧巻」「言葉の一つ一つが響きました」

 俳優・吉沢亮が主演を務める、フジテレビ系月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(毎週月曜 後9:00)の第9話が、きょう5日に放送された。9分半に及ぶ2人のシーンに反響が寄せられた。



【場面写真】心配そうな瞳で…子供たちを見守る吉沢亮



 同話で志子田武四郎(吉沢)は、膵臓(すいぞう)がんを患う母・南(大竹しのぶ)を最先端の医療機関で診てもらうため、南を連れて東京へ。診察を終えた後、南の提案で東京観光をした2人は、夕食をたべながら、これからの話をした。



 頑なに治療を拒否する南は、若くして亡くなった夫が肺がんを患い「あんなに優しい人が、人が変わったみたいになって。そのまま」と治療に苦しんだことを告白。「若かったからね。死ぬのがすごく怖かったと思う」と振り返った。



 「それが理由?」と涙をためる武四郎と言葉を交わした南は「病院じゃなくてあの家で武四郎のこと頭に焼きつけながら生きたい」と希望を伝えた。武四郎は、納得できない表情を見せながらも、最後には「武四郎、愛しているよ」「俺だって大好きだよ、母ちゃん」と伝え合い、頬を濡らした。



 “家族愛”に視聴者からは「言葉の一つ一つが響きました」「涙が止まらなかった」「相思相愛の2人がとても良かった」「親子のシーンが圧巻」「しばらく立ち上がれない…」といった声が寄せられた。



 同作は、小児専門の集中治療室「PICU」をテーマにしたメディカル・ヒューマンドラマ。広大ゆえ「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われる北海道で、主人公の小児科医・武四郎が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描く。
カテゴリ