安住紳一郎アナ、40代最後の『レコ大』 中継アナ時代からは23回目「『TSUNAMI』の大賞のときが最初」

安住紳一郎アナ、40代最後の『レコ大』 中継アナ時代からは23回目「『TSUNAMI』の大賞のときが最初」

 TBS系で30日に4時間半にわたり東京・新国立劇場から生放送される『第64回輝く!日本レコード大賞』(後5:30~10:00)の司会者が、このほど行われた記者会見で発表され、TBSの安住紳一郎アナウンサー(49)と俳優の有村架純(29)が担当することが明らかになった。安住アナは11年連続総合司会、有村は今回で初めて司会を務める。



【写真】2人で楽しそうに笑顔を浮かべる安住紳一郎&有村架純



 40代最後の司会となる安住アナだが、2001年から11年間進行アナウンサーを務め、12年からは総合司会に。「ちょうど2000年にこのステージに初めて関わったんですが、サザンオールスターズさんの『TSUNAMI』が大賞を受賞したときに、横浜アリーナから中継をしたのが最初(進行アナ以前)。その時は20代だったんですけど、その後、堺正章さんのもと、2012年からは他の皆さんと力を合わせてやってきました」と振り返る。



 中継先のアナウンサー時代から数えて23回目となる同番組には「ずっとこの仕事してきたんだな」と感慨深く語り、「どういう部分が成長したのかなと思うところが半分、自分でこういう仕事ができるようになってきたんだなと、自分に対するうれしさが半分ずつ。そういうことも考えながら今回務めさせていただきます」と来年50歳となり、節目を迎える思いを語った。



 また、今年は2019年の第61回以来3年ぶりに有観客となることもあわせて発表された。



 近年の日本レコード大賞は、第59回に「インフルエンサー」、第60回に「シンクロニシティ」と乃木坂46が2連覇。第61回は小中学生5人組ユニット・Foorinが「パプリカ」で、史上最年少の平均年齢11.2歳で初受賞。第62回は、LiSAが大ヒットアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」で、昨年の第63回は5人組ダンス&ボーカルグループ・Da-iCEが「CITRUS」で初受賞した。



 今年の各賞の受賞者および楽曲は以下のとおり。司会者や放送内容・企画などは、今後順次発表される。



■『第64回 輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者/作品

【優秀作品賞】

「君を奪い去りたい」純烈

「CLAP CLAP」NiziU

「恋だろ」wacci

「甲州路」氷川きよし

「新時代」Ado

「スターマイン」Da-iCE

「ダンスホール」Mrs. GREEN APPLE

「なんでもないよ、」マカロニえんぴつ

「Bye-Good-Bye」BE:FIRST

「Habit」SEKAI NO OWARI

※曲名50音順



【新人賞】

石川花

OCHA NORMA

田中あいみ

Tani Yuuki

※50音順



【最優秀歌唱賞】

三浦大知



【特別賞】

Ado

Aimer

男闘呼組

King Gnu

Kep1er

DA PUMP

ゆず

※50音順



【特別顕彰】

石川さゆり

天童よしみ

松任谷由実

※50音順



【特別国際音楽賞】

SEVENTEEN



【日本作曲家協会選奨】

藤井香愛



【特別功労賞】

新井満

彩木雅夫

西郷輝彦

佐々木新一

新川二朗

松平直樹

※50音順
カテゴリ