アニメ『Fate/strange Fake』放送延期で公式謝罪 制作の都合で31日は本編の新映像公開

アニメ『Fate/strange Fake』放送延期で公式謝罪 制作の都合で31日は本編の新映像公開

 12月31日の『Fate Project 大晦日TVスペシャル』で放送予定だったアニメ『Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-』が、制作の都合で放送延期となることが公式サイトで発表された。



【動画】神作画も放送延期で無念…公開中のアニメ『Fate/strange Fake』映像



 サイトでは「この度、2022年12月31日(土)の『Fate Project 大晦日TVスペシャル』内にてTVスペシャルアニメとして放送を予定しておりました『Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-』につきまして、制作の都合によりやむを得ず、番組内での放送を延期させていただくこととなりました」と報告。



 「放送を楽しみにしていただいている皆様には、お待たせしてしまうこととなり誠に申し訳ございません」と謝罪し、「今後の放送につきましては、決定次第速やかに公式サイトおよび公式SNS等にてお知らせいたします。なお、予定しておりました『Fate Project 大晦日TVスペシャル』内では、制作中の本編の最新映像をお届けいたします」と伝えた。



■スタッフ情報

原作:成田良悟・TYPE-MOON 『Fate/strange Fake』(電撃文庫刊)

キャラクター原案:森井しづき

監督:榎戸駿・坂詰嵩仁

脚本:大東大介

キャラクターデザイン:山田有慶

音楽:澤野弘之

制作:A-1 Pictures



■キャスト情報

アヤカ・サジョウ:花澤香菜

セイバー:小野友樹

アーチャー:関智一

ランサー:小林ゆう



■作品情報

『バッカーノ!』や『デュラララ!!』シリーズで知られる成田良悟が2015年から電撃文庫より刊行し、「聖杯」を巡る新たな戦いを描く『Fate/strange Fake』が、ついに2022年大晦日にTVスペシャルとしてアニメーション化。



「聖杯戦争」の舞台として初となるアメリカ合衆国の地で、数多の魔術師〈マスター〉と英霊〈サーヴァント〉が入り乱れ、繰り広げる死闘と狂騒の物語。



制作は2017年に『Fate/Apocrypha』を手掛けたA-1 Pictures。さらにアプリゲーム『Fate/Grand Order』アニメーションCMや原作小説アニメーションCMなどで常に新しい映像表現を見せてきた新鋭の榎戸駿と坂詰嵩仁が監督を務め、躍動的かつ大胆にアニメーション化。“偽り”の聖杯戦争、その戦端が黎明を告げる。

カテゴリ